5月中旬のトレード

こんにちは、塚田です。

5月に入ったばかりですが、すっかり夏のような気候になってきましたね。

さて、今週の相場展開を簡単に振り返ってみたいと思います。

まず、先週末に、フランスの大統領がマクロン氏に決まったことにより、ユーロがオープニングで高値を付けてから事実売りとなり、ユーロ安の相場展開となりました。(5/8)

このユーロ安の流れは弱まってはいますが、現在も一応継続していると思います。

週初めからEURGBPのショートを持ち、順調に下落し、下落が一服したところでクローズしました。

 

また、週中盤ではニューランドの政策金利が据え置きとなり、かつ期待されていた金融の引き締めは無しということで、NZDが大きく売られる展開となりました。(5/11)

私は、NZYJPYのロングを短期的に持っていましたが、利益を削られて同値撤退となっています。

現在は、ここのところ続いてきた円売りの流れが一服し、今は円が少しづつ反転してきているように感じます。

今日は金曜日ですが、ロンドン時間に入っても本格的な動きはありません。

現状のスタンスは、円買いに方向転換し、ポンド円と、ドル円のショートを少し持っています。

 

ちなみに私は、相場の変動に関わる、ニュースや経済の動向、金融政策などは基本としてチェックしてはいますが、ファンダメンタルで売買している訳ではないです。

どっちかというと、売り買いの節目を見極めて、勢いが発生している通貨にポジションを乗せているだけです。

順調に利益が増え続けていますが、それもトレンドに乗れているだけなんですよね。

全く難しいことはしていません。複雑なインジも使ってはいなければ、数学的アプローチもしていないので。

 

ただ、ポジションを持つタイミングは難しくはありませんが「利食いは難しい」と常に感じています。

何年やっていても、いまだに利食いで迷いますし、研究を続けている分野です。

 

結局ポジションコントロールさえしっかりできれば、誰でもなんとかなると思うんですよね。

それぐらい資金管理は大切です。資金管理で勝つといっても言い過ぎでは無いと思います。

破産しなければ、相場に参加し続けられますし、参加し続ければ見えることがあるでしょう。

 

チキン利食いしないように、じっくりやっていきたいと思います。

それでは、また。

※免責事項
本記事は特定の銘柄の売買を推奨するものではございません。
本サイトの提供情報を利用することで被った損害について、当サイトは一切の責任を負いません。
実際の売買にはおいては自己責任で行っていただくようお願い致します。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

DealingFX公式マニュアル

相場を攻略して、自由な人生を手に入れたいあなたへおくる「至高のFXマニュアル」 

他では絶対に手に入らない、テキストと動画によるFXの実践講座です。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta