FXの検証の注意点とは?効果的な検証の考え方

どうも、塚田です。

皆さんはトレードの検証をなんとなく行っていませんか?

裁量トレードの検証を行うときは、機械的に行うのではなく、
実際のトレードでどのように感情が変化しているかに気を配ることが大切です。

システムトレードと裁量トレードのバックテストは似ているようですが、
全く違います。

システムトレードの場合は機械的にバックテストをかけ
データを抽出することに大きな意味がありますが、

裁量トレードの場合はトレードに裁量要素が加わりますので、
データ自体にあまり信憑性がありません。

ですのであまりデータ取りに執着する必要はなく、
真に大切なのはトレード中の感情の変化をあらかじめ体感しておくことにあります。

◆ エントリー後すぐに逆行しているが、イライラしたり、ドキドキしたりしないだろうか?

◆ 少し変わった相場パターンだが、エントリーを躊躇しないだろうか?

 負けトレードが連続して発生しているが、その後落ち着いてトレードができるだろうか?

◆ 勝ちトレードが連続して発生しているが、その後調子に乗らないだろうか?

このようなことをしっかり考えながら検証を行うことにより、
単純に検証をするより遥かに実践的な経験を積むことができます。

というより、感情を考慮せずに検証を何百回やったところで
実践でのスキルは上がらないでしょう。

(MT4の過去チャートをなんとなく眺めて検証した気になっていませんか?)

それほど、デモトレードとリアルトレードでは差があるということです。

私も安定的な利益を上げられるようになったとはいえ、
実際のところ感情を100%コントロールするのは不可能です。

体調が悪かったり、モチベーションが下がったりすると、
少なからず感情は発生してしまいます。

私の場合、具合が悪かったり、
気分がすぐれない場合は思い切ってトレードを休みます。

(ほとんどありませんが)

人間ですのである程度の感情の発生はしかたがないですが、
メンタルをコントロールする意思が、有るのと無いのとでは大きな違いです。

訓練していけば、
誰でもある程度のメンタルコントロールは可能になります。

検証によって「慣れる」→「自信を付ける」→「メンタルをコントロールする」
といったことを身に付けていけば、トレードの技術は飛躍的に向上していくものだと思います。

>>>無料メール講座の登録はこちらをクリック

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

DealingFX公式マニュアル

相場を攻略して、自由な人生を手に入れたいあなたへおくる「至高のFXマニュアル」 

他では絶対に手に入らない、テキストと動画によるFXの実践講座です。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta