トレードをする最適な時間帯。アジア時間・ロンドン時間?

どうも塚田です。

FXのトレードをする上で前もって決めておかなければならないのが、
トレードをする時間帯です。

為替市場の時間帯は、
主にアジア時間・ロンドン時間・ニューヨーク時間
三大市場と呼ばれる時間帯に分けられます。

トレードで利益を出すには、
値動きが無くては話になりませんから、
取引が一番活発になるロンドン時間以降が、
トレードをする上で最も効率的な時間帯ということになります。

FXトレード ロンドンタイム

少し検証してみれば、
ロンドン時間以降はアジア時間とは
明らかに違った値動きをしているのは実感できると思います。

(黒いゾーンがアジア時間)

なぜロンドン時間になるとこのように、
値動きが活発になるかといいますと、
相場を動かす原因となっている機関投資家の大半が
「ロンドンで働いているトレーダー」だからです。

ロンドンで働いているトレーダーは朝7時くらいに出社してきて、
夕方17時ぐらいに退社するまでが、「活動時間」となる訳ですから、
その活動時間に合わせてトレードをするのが最も効率的となります。

(日本時間にすると、15時~深夜1時くらいまで)

逆にアジア時間の値動きの特徴としては、
トレンドが発生しにくく、レンジ相場となりやすい特徴があります。

ですのでアジア時間は、
基本的にはトレンドフォローの戦略は機能しにくく、
レンジトレードなどを行っていく以外にはトレードをしない方が良い時間帯と言えます。

FXの市場は24時間空いているので、
ついつい無駄なトレードをしてしまいがちです。

いつでもトレードできる
ということはメリットである反面、
デメリットでもあります。

私たち個人投資家が機関投資家に唯一勝っている点は、
「トレードをしない」という選択肢をとることができる点です。

適切な取引時間を決定することは、
トレードの優位性を一つ決めることでもあります。

是非ご自身のライフスタイル、
トレードスタイルにあったトレード時間を選択して下さい。

>>>無料メール講座の登録はこちらをクリック

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

DealingFX公式マニュアル

相場を攻略して、自由な人生を手に入れたいあなたへおくる「至高のFXマニュアル」 

他では絶対に手に入らない、テキストと動画によるFXの実践講座です。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta