FXトレードの事故。為替介入で大損失?

どうも、
塚田です。

長いことトレードをしていて気を付けなければならないのが「トレードの事故」です。

損切りを成行で行う場合でも、
逆指値の損切り注文は必ず入れておきましょう。

トレードをしていて、

「よし、売りエントリー!」
「逆行したら成り行きで損切りしよう」 
「ちょっとトイレいってこようかな・・・」

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 「ふう・・・・」
 「ヒィッ!!!!!!!!!」 FXトレード DealingFX

こういうことが起こる可能性を秘めているのが相場というものです。

あなたはFXのトレードでのリスクをしっかりと理解していますか?

トレードの事故にあったときの精神的ショックから、
自暴自棄になりトレードに影響してしまう場合もあるでしょうし、
このトレード自体の損害もかなり大きいものとなるでしょう。

以前にスイス中銀の介入で、
ユーロフランが2時間の間に1000PIPS程度動いたのは記憶に新しいですね。

事故で済めばまだいいですが、
この時の介入では「死人が出る」とさえ言われていました。

やはりハイレバレッジでの取引は潜在的なリスクが高くなりまね。

損失を限定して、
利食いを限定していなければ反対にご祝儀のようなことも起こったりします。

油断した時に限って手痛い損失を被りますので、
くれぐれも「トレードの事故」には気を付けましょう。

>>>無料メール講座の登録はこちらをクリック

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

今までのノウハウをつぎ込んだ動画を作成し、
しかも無料で配布することにしました。

動画時間2時間以上の超大作です。

是非あなたのトレードに役立てください。

今すぐ手に入れてすぐにレベルアップしてください。

ここでしか話さない秘密の話もあり。

詳しくはメルマガで。

cta

3 件のコメント

  • わたしも、ちよっと席をはずしたすきに…やっちゃいました。
    その後、しばらくエントリー恐怖になってしまいました。
    この時の経験は勉強になりました。

  • キャサリンさん
    こんにちは。
    エントリー恐怖症ですか。
    やはり損切り注文はいかなる時も必須ですね!