株式市場と為替市場の違い

先日私の元に、株のデイトレードから
FXのデイトレードへの転向を考えている、という相談が寄せられました。

意外と株式・先物トレーダーの方も、
私のブログを見てくれているようですね。

トレードに通じる根本的なもの、
基本的な概念は、株でも先物でも変わらないものなので、
参考になる部分はあるかと思います。

ということで今回は株式市場と、
為替市場でのトレードの違いについて解説したいと思います。

まず最初の違いは、株のチャートとFXのチャートを比べてみればすぐにわかりますが、
FXのチャートの方が株のチャート比べて綺麗なチャートであることが挙げられます。

株のチャートでの日足と、
FXのチャートでの1時間足のチャートを比べてみても、
どちらも遜色のないチャートになっています。

これは為替市場が世界最大の市場であり、
流動性が高いことが、起因しています。

そしてその次の違いはレバレッジです。

株式の場合、
信用取引枠を使っても資金の3倍までしかトレードできませんが、
FXの場合は国内の証券会社でも25倍、海外の業者ならば400倍、1000倍といった
レバレッジでトレードすることができます。

一般的にFXが危険と言われているのは、
このレバレッジの高さが原因ですが、リスク管理をしっかりとしてさえいれば、
レバレッジは怖い物ではありません。

資金の少ない、個人投資家には大変ありがたいことですね。

株のデイトレードを行う場合には、50万、100万程度では資金としては少ないですが、
FXでは十分な資金と呼ぶことができます。

それからFXの市場は土日を除いて24時間オープンしていますので、
いつでもトレードできるというメリットがあります。

(株式の場合は前場・9:00~11:00 後場・12:30~15:00)

これは逆に、無駄なトレードをしてしまいデメリットになりうることもあります。

このようにFXの市場はメリットの多い相場ですので、
転向を検討する価値は大いにあると思います。

ただ株で勝てなかった人が、
FXへ転向すればすぐに勝てるようになる訳ではありませんので、

その点は誤解のないようお願いします。

>>>無料メール講座の登録はこちらをクリック

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

DealingFX公式マニュアル

相場を攻略して、自由な人生を手に入れたいあなたへおくる「至高のFXマニュアル」 

他では絶対に手に入らない、テキストと動画によるFXの実践講座です。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta