複数通貨ペアのトレード

FX

複数通貨ペアをトレードする際の迷いについての、相談が寄せられました。

「似たような値動きの通貨ペアの値動きが気になってしまい、トレードを躊躇してしまう」

「複数の通貨ペアで似たような値動きになってサインが同時に発生した場合どうするのか?」

まず「似たような値動きの通貨ペアの値動きが気になってしまい、トレードを躊躇してしまう」ということですが、これはGBP/JPYとEUR/JPYのような相関性の高い通貨ペアの片方の値動きやトレンドが気になってしまい、トレードを躊躇してしまうということですね。

この点に関しては、分析した通貨ペアの動きのみを重視して、他の通貨ペアの値動きは気にしないのが基本の考え方となります。

例えばGBP/JPYとEUR/JPYは似たような値動きをしますが、どちらもそれぞれ独立した取引対象だと認識した方が迷いがなくなります。

通貨マトリックス分析という、通貨の強弱を利用した分析方法もありますが、複雑になってしまいますのであまりオススメはできません。

そして「複数の通貨ペアで似たような値動きになってサインが同時に発生した場合どうするのか?」についてですが、この場合はどちらか強い方のチャートを選択する、または綺麗なチャートの方を選択するといった形になります。

どちらが強いかは、両方のチャートを比べればわかると思いますし、綺麗なチャートは、あまり髭が無いチャートや、陰線・陽線が入り乱れていないチャートということになります。

ということになるんですが・・・

しかしそもそもGBP/JPYとEUR/JPYの二つの通貨ペアは相関性が高い為、同時に見てもあまりトレードチャンスが増えないことも多いです。(相関係数は時代の流れによって変化します)

トレードの迷いに繋がってしまうということであれば、思い切ってどちらかを見ないといった選択肢も十分に考えられます。

相関係数がそれぞれ離れている、EUR/USD、GBP/USD、USD/JPYあたりを監視しておけばトレードには十分こと足りるのではないでしょうか。

トレードはやはり、シンプルに迷い無くが一番です。 

参考:通貨ペア別 相関係数 

>>>無料メール講座の登録はこちらをクリック

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

DealingFX公式マニュアル

相場を攻略して、自由な人生を手に入れたいあなたへおくる「至高のFXマニュアル」 

他では絶対に手に入らない、テキストと動画によるFXの実践講座です。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta

1 個のコメント

  • まだまだ、トレードできるだけの知識が十分ありませんが、近い将来のトレードの指導書としてさせていただきます。ありがとうございます!