レンジ相場での対応とシナリオの考え方

こんにちは、塚田です。

6月も終りが近づき、本格的に暑くなってきましたね。
さて、週半ばですが、相場分析の記事をアップしたいと思います。

現在のドル円相場は、それまで続いていた、下落が一段落し反転上昇してきています。
ですが、現時点での目線は、買いでも売りでもなく、ニュートラルです。

USD/JPY-H1

このチャートは1時間足のチャートですが、プライスアクション的には、直近の下落トレンドから発生する売り意欲と、反転上昇から発生する買い意欲がぶつかり、レンジになりやすい状況だと判断しています。

レンジ幅は、ざっくりと言えば、これぐらいのレンジ幅を想定しています。(109.80~110.20)

USD/JPY-15M

安易にトレードすると負けそうな相場ですので、レンジを抜けて方向感が定まらない限りは、様子見しようと思っています。

 

では、続けてユーロドルも見てみましょう。

EUR/USD-1H

ユーロドル相場の大きな流れとしては、6/14の下落に対して、強めの戻しがあり、戻り売りが発生している展開です。

普通に考えれば順張りの売りで攻めていきたい形ではありますが、直近の上昇トレンドからの買い意欲もケアしたい状況。

ユーロドルもドル円と同様に、方向感を確認してから攻めていきたいところですね。

1番期待しているシナリオとしては、もう一段下げてからの戻りを売るシナリオです。

EUR/USD-15M

このあたりのサポートを下にブレイクしていってくれるとやりやすいですね。

メジャートレンドが下落トレンドなので、このシナリオになった場合は、狙っていきやすいかと思います。

もし反対に下落が続かずに、ここから上昇していく展開になるとすれば、直近の下落(6/26の下落)を否定するような動きにならないと、買いを狙っていくのは難しいと考えています。

ということで、ざっくり相場環境について書いてみました。
今は、全体的にレンジ相場の雰囲気が強いので、あまり欲を出しすぎず、取れるところだけしっかり取っていきましょう。

それでは、また。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

今までのノウハウをつぎ込んだ動画を作成し、
しかも無料で配布することにしました。

動画時間2時間以上の超大作です。

是非あなたのトレードに役立てください。

今すぐ手に入れてすぐにレベルアップしてください。

ここでしか話さない秘密の話もあり。

詳しくはメルマガで。

cta