ソーサーボトム後のレンジ相場

おはようございます。塚田です。

今週はアジア市場が休日ということもあって、アジア時間の動きは比較的穏やかですね。

2月5日は、アジア時間に豪ドルが指標で買われ、ロンドン時間からニューヨーク時間にかけて、ポンドが売られる動きとなりました。

2/5の通貨強弱


昨日は指標以外では、あまり動いていませんね。

では、現在の相場の動きを見てみましょう。

ドル円4時間足

ドル円の4時間足の動きです。(2/6)

4時間足レベルは、大きな下落トレンドの中の戻りの局面で、上昇トレンドが発生している動きです。

直近の動きは、下に振ってから再度上昇する形で、上昇エネルギーが発生しているのを確認できますね。

4時間足レベルの判断は「直近は上昇トレンドではあるが、長期の下降トレンドの影響で下落圧力もある」という大局観を持っていれば良いかなと思います。

予想をする必要はありませんので、現在の状況のみ冷静に考えましょう。

ドル円15分足

では、この動きをもう少し細かくみてみましょう。

ドル円の15分足レベルの動きです。

短期で確認すると、底値圏でレンジが形成され、売り方がひきつけられていましたが、売り方が全て一掃される動きになっています。

1月30日の下落を、2日で全て戻す動きになっていますね。いわゆる「ソーサーボトム」的形状です。

 

この動きから判断すれば、現在のスタンスはレンジ相場ながらも、「買い優勢」と判断できます。

買い目線で考えて買い場を探していきたいところですね。

 

今後のドル円の展開として、状況が変わるまでは買いスタンスで攻め、反対に下落するシナリオになった場合は、1/31~2/4の上昇トレンドが継続するのか、継続しないのかに注目したいところです。

この上昇トレンドが否定される動きになると、状況が変わってくるからです。

ボラティリティが全体的に無いので、昨日は休みの相場でした。

変化に合わせて柔軟に対応していきましょう。

関連記事

勝組だけが知っている。FXで勝つ為の原則とは?

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

今までのノウハウをつぎ込んだ動画を作成し、
しかも無料で配布することにしました。

動画時間2時間以上の超大作です。

是非あなたのトレードに役立てください。

今すぐ手に入れてすぐにレベルアップしてください。

ここでしか話さない秘密の話もあり。

詳しくはメルマガで。

cta