本日の相場戦略:トレンドフォローの切り替え方

どうも、塚田です。

週明けということで、今日も相場分析をやっていきたいと思います。

本日は特に重要な経済指標はなく、明後日(19日)に、FOMC金融政策発表が控えている状況です。
まず全体の流れを俯瞰してみてみましょう。9通貨ペアの15分足チャートと通貨強弱です。

9通貨ペア

通貨強弱

週末は円買いドル買いで推移しました。

ドルと円が中心になって動いているので、クロス円とドルストレートがそれぞれ同じような動きになっていますね。

現在最もボラティリティが高い通貨ペアはポンド円ですので、今日はポンド円を分析してみたいと思います。

ポンド円日足

ポンド円の日足は、直近の上昇(黒い線)に対して押し目が入ることなく下落しています。

強い下落トレンドであることが確認できますね。

ポンド円1時間足

ポンド円の1時間足レベルの動きです。

6月4日につけた、目立つ安値を割り込んできています。

このような重要な節目である安値を抜けた直後は思惑が集中し、乱高下になる可能性が高いです。

今回も安値を割った後に、反転上昇していますね。

しかし、反転上昇の流れがあるとはいえ、リバウンド狙いの買いを狙いたい局面ではありません。

素直にトレンドフォローに徹して売り場を探していくのが懸命かと思います。

その後のシナリオ

基本的には売り一択の状況です。

今後のシナリオとして、ロングを狙うのであれば「1時間足レベルの直近のダウントレンドが継続しない」という動きが確認できれば、買いで入っていくことは可能でしょう。(↓イメージ図)

しかし、現在は強い下落トレンドですので、イメージしたシナリオが実現しない限りは、売り場を探していくスタンスで良いと思います。

関連記事

ワンランク上のプライスアクション分析

勝組だけが知っている。FXで勝つ為の原則とは?【決定版】

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

今までのノウハウをつぎ込んだ動画を作成し、
しかも無料で配布することにしました。

動画時間2時間以上の超大作です。

是非あなたのトレードに役立てください。

今すぐ手に入れてすぐにレベルアップしてください。

ここでしか話さない秘密の話もあり。

詳しくはメルマガで。

cta