今日のトレード戦略:リスク資産の上値は重い展開か

こんにちは、塚田です。

今日の相場状況と戦略についてです。

週明けてからの相場の動きは米企業の決算前ということもあり、様子見ムードが漂う小幅な動きとなっています。

注目されていた米中通称協議は、部分合意となりました。

部分的合意の内容は、

・米→(15日予定の関税引き上げを見送り)
・中→(アメリカの金融機関に対して中国市場を開放するほか、400億~500億ドル相当の農産物を購入)

といったところで、正式な情報が出ていませんが、市場はポジティブに受け止めリスクオンになりました。

一旦リスクオンムードになりましたが、いつものようにポジティブ材料で油断させておいて、ボンッと何か出てくるパターンも十分考えられます。

ポジティブな材料が出るまでは、リスク資産の上値が重い展開が続くかもしれません。

トレード戦略

さて、そんな状況の中、昨日トレードしていたのは、ドル円とゴールドです。

ドル円はショート。ゴールドはロングです。

出かける前に指値を入れ忘れて、利食い損ねてしまいドル円のショートは微損で撤退。

ゴールドは半分利食いを入れて、残りは放置しています。

今日の注目銘柄は、以下のとおりです。

【ロング候補】:ゴールド/BTC
【ショート候補】:ドル円/ドルフラン/ダウ/WTI

特にいいなあ、と思っているは、ダウ/ドル円/金ですかね。

ダウ4時間足

ダウは現在かための、レジスタンスにあたっている局面です。

今すぐ売れる形ではありませんが、売り目線でウォッチしていきたい銘柄です。

ドル円4時間足

ドル円はレジスタンスを少し上抜けて、掴んでしまったロングが一旦下に振られるパターンになっています。

しかしながら、下からの買いの力も強いので、このまま上抜けていく可能性も同時に感じます。

短期的には売り目線ですが、11日につけた高値を上に抜けていったら目線が変わると思います。

ゴールド時間足

ゴールドは、三角持ち合いを形成しています。

ペナント下限から上昇していますが、長期の目線はダウントレンドなので、あまりロングを長く持ち続けたい形ではありません。

短期的には、買い目線で考えています。

長期の目線に対して、短期のプライスアクションでタイミングを見極めていきます。

※ここに書かれている内容は、あくまでも個人的な相場感ですので、ミラトレは非推奨です。
投資の基本は自己責任ですので、最終的な判断は自己責任でおこなってください。
相場は上下当てゲームではありません。一喜一憂せず、資金管理を守り、トータルでコツコツ利益を積んでいきましょう。

関連記事

通貨強弱から考えるポジション取りとは?

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

今までのノウハウをつぎ込んだ動画を作成し、
しかも無料で配布することにしました。

動画時間2時間以上の超大作です。

是非あなたのトレードに役立てください。

今すぐ手に入れてすぐにレベルアップしてください。

ここでしか話さない秘密の話もあり。

詳しくはメルマガで。

cta