ギャンブラーの誤謬(ごびゅう)

ID-10020870

誤謬(ごびゅう)とは聞きなれない言葉かもしれませんが、
「一見正しく見えるが誤っていること」です。

ギャンブラーの誤謬(ごびゅう)とは、
例えばコイントスをして連続で表が5回続いた場合等に、
「まだ一度も裏が出ていないから、次は裏が出そうだな・・・」と感じてしまう心理抵抗のことです。

実際には、どんなに裏表の偏りが続こうが、次のコイントスで、表が出る確率は常に50%です。

これはコイントスを例にしましたが、このような心理的抵抗が、トレード中にも発生する場合があります。

ギャンブラーの誤謬をトレードに当てはめてみますと、
「これだけトレンドが続いたんだから、そろそろ反転するだろう・・・」

「これだけ連敗したんだから、次は勝つだろう・・・」

このような心理状況が誤謬に当てはまりそうです。

しかし、コイントスと相場は違うものですので、
相場が「過去に影響されない独立した事象」であるか、
ないかは2通りの意見があり、今なお議論されていて決着がついていません。

相場の動きはランダムウォークで、
「過去に影響されない独立したものである」という意見のランダムウォーク派と、
「相場は過去の値動きの影響を受ける」という相場での偏り(
トレンド発生)
を主張する派にわかれています。

トレーダーであれば、ほとんどが後者の「相場では偏りが発生する」方を、
肯定するのではないでしょうか。

しかしトレードでは、過去の結果を意識しすぎると、それが悪影響となることもまた事実です。

なぜならば、このトレーダーの誤謬の考え方自体が、
トレンド発生の原因となっていますので、その誤謬が裏切られたときには、
更に相場に強い動意をもたらし、トレンドが継続していくことになるからです。

基本的には誤謬は弱者の考え方ですので、
トレードは独立した事象であると考えて、
「過去のトレードには捉われない」「トレンドは継続する」と意識するのが良いと考えています。

>>>無料メール講座の登録はこちらをクリック

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

DealingFX公式マニュアル

相場を攻略して、自由な人生を手に入れたいあなたへおくる「至高のFXマニュアル」 

他では絶対に手に入らない、テキストと動画によるFXの実践講座です。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta

2 件のコメント

  • こんにちは。
    いつも参考にさせていただいております。
    いかに冷静に、正しい判断をするのか、常に考えておりますが、チャートを見る力を高めていくの答えかなと。
    応援、ポチッ

  • イケダさん
    こんにちは。
    そうですね。
    技術が向上していけば、自然と身に付いていきますよね!
    いつも応援ありがとうございます!