FXで認めれる経費の範囲とは?

FX税金

FXに課せられる税金は「利益-必要経費」の差額に課せられます。

ですので、必要経費が多ければ多いほど、
利益に課せられる税金も少なくなります。
必要経費というのは、「売り上げを上げるために必要な費用」ということですから、
トレードに関係があるものは全て経費として申告することができます。
~経費として認められるものの例~
・取引手数料
・入出金手数料
・トレード関連の本
・新聞代、雑誌代
・教材代
・文房具代
・セミナー代
・トレードコーチング費用
・トレードルームの家賃(使用分)
・トレードPC・モニター、その他機材(使用分)
・電気代やプロバイダ料金(使用分)
このようなものが、トレード関連の経費として考えられます。
極端な話、トレードで100万円の利益を得たとしても、
経費で100万円がかかっているならば課せられる税金は0円になります。
売り上げを上げるために必要であると判断ができ、
かつ税務署にしっかりと説明ができるものならば、
かかった費用を必要経費とすることができます。
上記のように様々なものが経費として認められますので、
領収書は「額面の20%ぐらいが戻ってくる金券」だと考えて大切に保管するようにしましょう。

(7年間は保管)
領収書の裏にどういった内容のものであったのかを記入しておくと、
調査が入った時に説明しやすいのでさらに良いです。
実は税金というものは、かなりグレーなゾーンが多く、
線引きが曖昧な部分が多いです。
例えば知り合いのトレーダーに居酒屋でトレードを教わり、
そこの支払を自分で行ったとしても、
その代金も経費とすることができますし、
セミナーに行く際にかかった交通費なども経費とすることができます。
線引きが曖昧ですが、
このあたりは常識を逸脱しない範囲で申告を行うようにして下さいね。
(交際接待費は一人あたり5000円くらいまでと言われています)
トレードで高いリスクを負えば、
必ず高いリターンが得られる保証はありませんが、
経費を計上することは確実にリターンを上げることに繋がります。
節税は利益が出てからでは遅いので、
領収書やレシートは大切に保管するようにして下さいね。

>>>無料メール講座の登録はこちらをクリック

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

DealingFX公式マニュアル

相場を攻略して、自由な人生を手に入れたいあなたへおくる「至高のFXマニュアル」 

他では絶対に手に入らない、テキストと動画によるFXの実践講座です。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta

1 個のコメント

  • 今年からFXで利益を出せるように
    なってきたのですが、必要経費は法人
    でなくとも、個人でも認められるので
    しょうか?