サポートレジスタンスを活かした高勝率トレード方法

 

 

サポレジ

 

どうも、塚田です。

前回はトレンドについての説明を行いました。

 

今回は「サポートジススタンス」についてです。
 

 

テクニカル分析の中でもっとも重要度が高いもの、
それが「サポートレジスタンス(支持線・抵抗線)」です。

 

サポートレジスタンスは、
どんな複雑なインジケーターで求めた水準よりも強く機能します。

 

解説動画を作りましたので是非見て下さい。

サポートレジスタンスを活かしたトレード手法

 (Youtubeチャンネル登録は右上の顔のボタンをクリック!)

 

■サポートレジスタンスって何?

 

サポートレジスタンスとは、簡単に言うと価格がはじかれる「壁」のようなものです。

 

サポート(支持線)とは、強力な買い意欲が発生すると見込まれる水準のことで、

 

レジスタンス(抵抗線)とは、強力な売り意欲が発生すると見込まれる水準のことです。
 

 

サポートレジスタンスラインは、
通常「突出した高値・安値」または、
「もみ合いになっているレンジ」などにラインが引かれます。

 

■なぜサポートレジスタンスが意識されるのか?

 

重要なサポートに価格が近づくと、
参加者は上昇が見込まれるので買いたくなり、
レジスタンスに近づくと下落が見込まれるので売りたくなります、

 

また損失のポジションを抱えているトレーダーは苦痛を感じ、
サポートレジスタンスの水準で決済できるチャンスが訪れると、
ポジションを決済したがります。
 

 

一方チャンスに乗り遅れたトレーダーは後悔し、
サポートレジスタンスの水準に戻ってくると、参入を決意します。

 

その為、結果として価格もサポートレジスタンスで弾かれることになります。
 

 

サポートレジスタンスの考え方はとても単純で、
「抜けていけば買い」、「反発すれば売り」ということなります。

(サポートの場合は逆)

 

ただ、相場の参加者は人間ですので、
すべてが教科書通りにいくことはなく、「騙し」が頻繁に発生します。

 

結果として騙しとなったポイントは、
強者が参入するポイントであり、
価格をそちらの水準に押し上げるポイントとなります。

 

プロのトレーダーは好んで、
騙しとなったポイントを狙っていきます。

 

■サポートレジスタンスの重要度の違いは?

 

長期のサポートの方が短期のサポートよりも協力なテクニカル水準になります。

 

多くの参加者は異なる時間軸でチャートを監視していますが、
週足・日足・4時間足などの長期の時間軸を監視している
トレーダーのほうが圧倒的に多いです。

 

その為、長期のサポートレジスタンスの方がテクニカル的に機能しやすくなります。
 
 
前回のトレンド判断と合わせて、
サポートレジスタンスを見極め、トレードを有利に運ぶようにして下さい。

次の記事はこちら→【ボラティリティ】

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

DealingFX公式マニュアル

相場を攻略して、自由な人生を手に入れたいあなたへおくる「至高のFXマニュアル」 

他では絶対に手に入らない、テキストと動画によるFXの実践講座です。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta