FXを始める前に必ず知っておきたいこと 第12回目「規律・メンタル」

 
今回はトレードの「規律」についてお話したいと思います。
 
 

なぜ規律が大切なのか?

 

トレードで最も実行が難しい部分、
それは自分を律する力「自己規律」です。

 

トレードをしていると、「喜び」「怒り」「恐れ」「悲しみ」など
様々な感情がトレードに悪影響を及ぼします。

 

口座を開設したばかりのトレーダーは、
「ヨッシャ稼いでやる!」と意気揚々と参戦してきますが、
ほぼ全ての人が相場の洗礼を浴びることになります。(ビギナーズラックの人以外)

 

「自分は賢いから大丈夫」と思ってはいませんか?

 

「自分の感情ぐらいコントロールできるから大丈夫」と思っていませんか?

 

私もそうでしたが、参入してきたばかりのトレーダーは

「自分だけは大丈夫」
と思ってしまいます。 
 

 

これは何も私がマヌケなのだからではなく、
人間が生まれ持っている性質で、
「正常性バイアス」という性質があるそうです。
 

 

「正常性バイアス」とは、危険すぎることが起きたときに、
慌てたりして対応能力が鈍らないように、
勝手に心理的な圧力がかかることです。

 

この人間の生まれ持った性質があるせいで、
「自分だけは大丈夫」と思ってしまうのですね。

 

少しでもトレードの経験があれば、
以下のような行動をとった経験があると思います。

 

・損失を取り戻したいと思い、気がつくと大きいポジションを持っている。
 
・何の根拠も無いポイントなのに、気がつくとエントリーをしている。
 
・本当はまだ利食いを行うべきでない状況であるのに、
利食いを行う理由を探して、利食いをしてしまっている。
 
・本当はまだ損切りを行うべきでない状況であるのに、
損切りを行う理由を探して、損切りをしてしまっている。
 
・自分のトレードが信じられなくなり、トレード手法をコロコロと変えている。

 

心あたりがありますよね?

 

利益が出せないのは、トレードのタイミングや売買方法も、
もちろん関係がありますが、精神的な面も関係しています。

 

1トレード行う毎に一喜一憂して、
「一貫したトレードを行えなくなる」ということですね。

 

とはいえ、「トレードにメンタルが深く関わっている」
というのはもはや常識であると思いますし、
 
私から「メンタルが大事だよ!」と聞いたところで、
なんの解決にもなりません。

 

では、どのようにして、規律を身につけるのか?

 

一貫したトレードを行えるように規律を身につけたいのであれば、
トレードに対して「几帳面」なることが大切です。

 

具体的に言うと「トレード記録」をしっかりと記録して、
1トレード毎に反省を繰り返すのです。
 

 

・どのような根拠があり売買したのか?
 
・トレード中の感情はどのようになっていたのか?

 

これらを常に記録していきます。

 

私のオススメの方法は、
チャートを印刷してそのまま紙に書き込むことです。

 

 

明日から、すぐに規律が身につく方法があれば良いのですが、
規律は1日2日で身につくものではありません。

 

結局はこういう地味な方法しか無いんですよ。

 

ですが、記録を付けること自体は難しいことでは無いはずなのに、
殆どの人が続けることができないのです。

 

損失が重なっている記録を付け続けることは、かなりの苦痛だと思います。

 

「なんか全然進歩してないな・・・」
 
「記録なんか意味が無いよ・・・」

 

と悲観的になってしまうかもしれませんが、
とにかく続けることが大切です。

 

「なんでうまくいかないんだ!」と怒りや悲しみがこみ上げてくるからこそ、
できる限りの学習や工夫を行い成長していくのです。

 

「簡単に見える楽な道」と、「難しくて辛い道」があったのなら、
迷わず険しい道を選びましょう。
 
トレードでは遠回りに見える道こそが、一番の近道です。
 
第13回目はこちら⇒「検証・デモトレード」

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

DealingFX公式マニュアル

相場を攻略して、自由な人生を手に入れたいあなたへおくる「至高のFXマニュアル」 

他では絶対に手に入らない、テキストと動画によるFXの実践講座です。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta