難しい相場と簡単な相場の違い。どんな相場でも利益を上げる方法

どうも塚田です。

トレードの調子はいかがでしょうか?

今週は少し前までの簡単な相場状況と変わり、
少し難しい相場展開となっていますね。
正しいトレードを繰り返していても
思うような結果が得られない場合、
「自分のトレードは正しいのだろうか?」
という疑念が頭に浮かんでくると思います。
それまで良いトレードだけを行っていたはずなのに、
こういった疑念に頭を支配されると、
その後のトレードに大きく影響を及ぼしてしまいます。
いつもはしない無駄なトレードをしてしまったり、
負けを取り戻そうと自分のルールを破ってしまったり。
 
こういった経験はありますよね?
相場は収縮と拡大を繰り返すその性質上、
トレンドが出ている簡単な相場ばかりが続くことはありません。
ボラティリティが変われば、
有効なトレード手法も変化していきます。
大体のシステムトレードが上手くいかなくなるのも、
ボラティリティが問題ですしね。
トレードの結果が臨むような結果で無い場合でも、
「トレードを正しく評価する」ということと、
「損失を受け入れて前向きに取組んでいくこと」はとても大切なことです。
「トータルで利益を出す」という確率的思考が身についていれば、
少しぐらい損失が続いたとしても、自分の考えがブレることは無いでしょう。
数回のトレードで一喜一憂しないで、
必ず月単位の収支で考えるようにしてください。
負けが込んでしまい、
熱くなっていると感じたら一度相場から離れて
リフレッシュすることをオススメします。
正しいトレードを行っていれば、必ず結果はついてきます。
では、今週も頑張っていきましょう。

>>>無料メール講座の登録はこちらをクリック

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

DealingFX公式マニュアル

相場を攻略して、自由な人生を手に入れたいあなたへおくる「至高のFXマニュアル」 

他では絶対に手に入らない、テキストと動画によるFXの実践講座です。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta