FX相場の市場心理とは?勝ち続ける為の法則

どうも、塚田です。
世間では相変わらず、
サインツールとかトラリピといったものが話題になっているようですね。
楽なものに頼ってしまう気持ちは分りますが、
相場の王道といえば、ベーシックなトレードであり、
相場心理に沿ったトレードということになります。
でですね、「相場心理って何なんですか?」という質問をよくいただきます。
相場心理についてはいろいろな本も出ているんですが、
学者的に難しく説明している人も多いですね。
なんで難しく感じているかもしれませんが、
実は全然難しい話では無いです。
単純に、「買い手と売り手がいてどちらの勢力が強いのか?」ということと、
「敗者と勝者の勝負はどこで決着がつくのか?」という話です。
例えばもみ合いになっている「レンジ相場」の状況では、
売り手と買い手の力が拮抗している状態ですね。

市場心理1

この状態では決着が着くまでは、
どちらも激しく売り買いを行うので、同じような価格帯で推移することになります。
この状態は相場心理的には、双方が睨み合っている状態ですね。
そしてその睨み合いの状態がしばらく続きますが、
この状態が永遠に続くことはありません。
いつかは強者の資金によって、
この形成されたレンジが破られていくことになります。
市場心理2
そして弱者が「もうダメだ、損失に耐えられない!」とポジションを投げたときに、
ロスカットを巻き込みさらに価格が動いていくことになります。
これがブレイクアウトであり、トレンドの発生ですね。
つまり売り手か買い手のどちらかが「もうダメだ!」
とポジションを投げた時が決着ということになります。
そして再びそのポイントまで価格が戻ってきた場合には、
強者はそのポイントを死守しようとしますから、
そのポイントで押し目買いや戻り売りが入るわけです。
これがいわいる、サポートレジスタンスですね。
このように、相場では常に強者と敗者がいて、
その戦いによってチャートが形成されていきます。
なんで、全然難しい話ではないです。
トレードをしていて誰かに見られている気がしたり、
常に自分だけ負けている気がするのは、
常に弱者の心理で相場に参加しているからです。
敗者にならないためには、
決着がついたほうについていくことと、
勢力がすでにはっきりしている方についていくことです。
これをいつも言っている言葉に言い換えると、
「トレンドをフォローする」ということになります。
もちろんダマシもありますし、
トレンドフォローでも確実に勝てる訳では無いですが、
トレンドに乗ることで優位性を得ることができます。
後はひたすら、そのチャンスを待つことですね。

>>>続きは無料のメール講座で

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

DealingFX公式マニュアル

相場を攻略して、自由な人生を手に入れたいあなたへおくる「至高のFXマニュアル」 

他では絶対に手に入らない、テキストと動画によるFXの実践講座です。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta