FX・ライン際でのプライスアクション

どうも、塚田です。

 

冬もほぼ終わりまして、段々暖かくなってきましたね。

 

さて、今日はライン際でのプライスアクションということでお話をしたいと思います。

 

サポートレジスタンスに絡むエントリーのダマシを減らす、
ちょっとしたコツと言ってもいいかもしれません。
 

 

まあ、コツといっても、全然大したことは無いんですが。笑

 

サポートレジスタンスで待ち構えていて、
実際に「いつエントリーをするのか?」ということですね。

 

エントリーのタイミングを図るに色々な方法がありますが、
私自身はライン際で「上げ止まったのか、下げ止まったのか」
ということを重視してみています。

 

もっと簡単に言うと、「ラインを大きく抜けていかないかどうか」ということですね。

 

サポートレジスタンスに対して、こんな感じで価格が突っ切っていったら、
抜けていくと考えてひとまずは見送るようにしています。(ショートの場合)

ライン際のプライスアクション0

 

この動きはローソク足1本か2本ぐらいは終値で確定を待ちます。

 

抜けていけば諦めてしまい、深追いはしません。

 

反対に、ライン際から反転するか、
ライン際で停滞しているようであれば、即刻ポジションを持ちます。

陽線、陰線に関わらず、
サポートまで落ちてきて止まっていたらエントリーしています。(ロングの場合)
ライン際のプライスアクション

 

 

こんな感じですね。

 

ただ、そもそも完璧なエントリーは不可能ですので、
ある程度は妥協する必要がありますね。

 

環境に沿ってトレードが出来ているのであれば、
多少タイミングがずれていても利益になりますので、
あまりシビアに考えすぎるのは良くないと思います。

 

シンプルに考えましょう。

 

この方法が絶対に正しいということではないですが、参考までに。

では!

>>>続きは無料のメール講座で

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

DealingFX公式マニュアル

相場を攻略して、自由な人生を手に入れたいあなたへおくる「至高のFXマニュアル」 

他では絶対に手に入らない、テキストと動画によるFXの実践講座です。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta