環境認識の要点1・トレンド局面の見極めと対応

どうも、塚田です。

 

今日は久しぶりに動画を撮ってみました。

 

今回解説したのは、私がいつも心がけている環境認識の要点です。

 

3つに分けて動画にしていきますが、今回は、
トレンド局面の見極めと対応についてです。

 

では、どうぞ。

トレンド局面の見極めと対応

 

 

まずはチャートを広げたら、長期の相場環境を確認しています。

 

何よりもこれが大切です。

 

トレンドが出ているか出ていないかの判断は、
ダウ理論(高値と安値の関係)の動きがベースになっています。

 

ダウ理論をベースにして、
トレンド方向であったり、トレンドの有無を確認しています。

 

トレンドの強さとしては、
大体「強・中・弱」の3つ程度に分類できると思います。

 

一つは、価格がバンドウォークしている相場で、
ボリンジャーバンドのミドルバンドを割ってこない局面です。

 

MAも傾いて角度が強い状態ですね。

 

この状態はトレンドが最も強い相場といえると思います。

 

トレンドの強さが中ぐらいの相場は、
バンドウォークはしていないが、ミドルバンドを割ってこない状態です。

 

MAはやや傾いている状態になります。

 

この状態は、ある程度トレンドが発生している相場ですね。

 

そしてミドルバンドを割るがダウを崩さない相場が、
トレンドが弱い相場です。

 

MAも水平に近い状態になります。

 

トレンドが強い局面であれば、利益を伸ばしやすくなりますし、
トレンドフォローのトレードがより機能しやすくなります。

 

長期の相場環境が判断できたら、
後は、短期のパターンを合わせていきます。

 

トレンド局面で機能しやすいパターンは、
「ブレイクアウト狙い、押し目買い、戻り売り」ですね。

 

後はしっかりとチャンスを待つだけです。
 

 

では、今週も頑張りましょう!

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

DealingFX公式マニュアル

相場を攻略して、自由な人生を手に入れたいあなたへおくる「至高のFXマニュアル」 

他では絶対に手に入らない、テキストと動画によるFXの実践講座です。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta