FX相場の詳しい時間割

為替市場の時間割です。

ざっと、どんな時間割になっているのか確認してみて下さい。

ウェリントン市場   5:00~13:00

シドニー市場   8:00~15:00

東京市場   9:00~15:00

仲値  9:55

上海市場   10:30~16:00

香港・ハンセン市場   11:00~17:00

バーレーン市場   14:00~22:00
 
東京オプションカット   15:00

フランクフルト市場   15:00~23:30

パリ市場   15:00~23:30

ロシア市場    15:30~22:45

ロンドン市場   16:00~0:30

ニューヨーク市場   22:30~5:00

ニューヨークオプションカット   23:00

ロンドンフィキシング   0:00

説明

東京仲値

東京の銀行が対顧客向けに発表する基準となるレートのこと、特に5の倍数の日はゴトウ日といわれ相場が動意づきやすいと言われている。

東京オプションカット
オプション取引のカットが行われる時間帯、午後3時に行使期限のオプションが消滅する為この時間帯を境に相場が動意づきやすいと言われている。

ニューヨークカット

東京カットと同じだが取引のボリュームが東京より多いため注意が必要。

ロンドンフィキシング

ロンドンの仲値。貴金属のレートが決定される時間帯。ここで決定される価格が世界の指標になる。

これらの時間帯は重要な時間帯ですが、特に意識しすぎる必要はないです。

この時間帯を境に相場が変わったな~と認識する程度でいいと思います。

トレードする時間ですが、私は一番取引が盛んな、ロンドンセッション(日本時間15:00~1:00)ぐらいに良くトレードしています。

東京時間は、値動きがレンジになりやすく、比較的穏やかな動きになりやすいのでレンジトレードをするにはおすすめの時間帯です。

トレードをする際には、20:00から22:00など、あらかじめ自分にあったトレードする時間帯を決めておき、それ以外ではトレードしないという規律を持つことも非常に重要です。

時間帯ごとによって相場のクセも違いますし、ライフスタイルによってトレードできる時間帯も変わってくると思います。

自分で決めたルール(規律)に従い、トレードを行っていきましょう。

>>>無料メール講座の登録はこちらをクリック

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

DealingFX公式マニュアル

相場を攻略して、自由な人生を手に入れたいあなたへおくる「至高のFXマニュアル」 

他では絶対に手に入らない、テキストと動画によるFXの実践講座です。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta

2 件のコメント

  • こんちは。
    仕事がヒマで朝からチャート毎日みていますが、東京時間は動かないという認識があったのですが、ケッコウ動くものですね。
    特に午前中10~20PIP狙いぐらいなら十分な気がしますが、これはオージー市場が開いてるというのと関係あるんですかね?
    各市場の午前中は動きやすいのはわかっていたのですが、TY時間がこれほど動くとは意外でした。
    中国の発展のせいもあるのかなー、とか考えちゃいました。
    つっちんさんのお考えはいかがですか?

  • 小田急線さん、
    こんばんは。
    私の感覚としては、東京時間はあまり動かずレンジ相場で、
    ロンドンオープンから動き出す流れは現状まだ変わっていないと思っています。
    ですが小田急線さんがおっしゃるように、時代の流れや世界情勢の変化によってマーケットのメカニズム自体が変化してくるのは大いに考えられます。