FXの売買ルール構築方法とは?決めるべきルールを紹介

トレードをしていく上で、具体的にどのようなルールを決めていくかということですが。

1・取引時間

2・取引通貨ペア

3・エントリーのルール

4・ロスカットのルール

5・利食いのルール

6・エントリー見送りのルール

7・資金管理のルール

大体このようになると思います。

これらのルールは取引を始める前に迷わないように、あらかじめ決定しておかなければなりません。

私はシステムトレーダーではありませんので、可能な範囲でのルール決めです。

取引時間

実際に取引することができる時間を、取引時間として決定すると良いと思います。

指標発表時の対応なども事前に考えておきましょう。

どの時間軸を中心にトレードを行っていくかも合わせて考えておきます。

取引通貨ペア

取引を行う通貨ペアを決めておきましょう。

大体の場合は、流動性の高いメジャー通貨ペアになると思います。

エントリーのルール・ロスカットのルール

ここでエントリーしてこうなった場合はこうする、ということを決めていきます。

もちろんトータルでプラスになるような優位性の高いトレードポイントでなければなりません。

裁量判断も関わってくるので、明確には決められないかもしれませんが、できる範囲の大まかなルールは作っておきます。

エントリー見送りのルール

普段のエントリーの特例で、エントリーにふさわしくないポイント、エントリーしてはいけないポイントなどを、事前に考えておくと良いでしょう。

・資金管理のルール

資金量、そしてリスク許容量によって、適切なポジションサイズは変わってきますので、一概にこれがいいというものはありません。

私の場合は1%ルールによる資金管理です。

自身の資金量、リスク許容量にあった、適切なロットサイズで取引されると良いでしょう。

また、損をする為にトレードをしている訳ではありませんが、どの程度資金が減少したら、トレードを停止するかもあらかじめ決めておくと良いと思います。

システムトレードではありませんので、全てのルールを厳密に決定できるわけではありませんが、できる限り迷いを減らすようにルールを前もって決めておきます。

これらがすべて決まったら、後はひたすら検証していきます。

アメリカの有名なFXトレーダーで、自称検証マニアの、ロブブッカー氏がいますが、彼は最低でも1000トレードは必要といっていますね。

自分のトレードというものが出来上がったら、ひたすら検証をすることで、トレード中の精神状態なども疑似体験することができますし、トレードの基礎体力も身に付きます。

相場に近道なしですね。

しっかり検証して自信をつけましょう。

>>>無料メール講座の登録はこちらをクリック

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

DealingFX公式マニュアル

相場を攻略して、自由な人生を手に入れたいあなたへおくる「至高のFXマニュアル」 

他では絶対に手に入らない、テキストと動画によるFXの実践講座です。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta