マーケットの基本的なメカニズムとは?FXで良くある勘違い

相場の基本的な構造について

マーケットというのは基本的に波形を描きながら、上昇、下降を続けていきます。

100PIPS上げるにしてもその中で30PIPSの調整があったり、70PIPS下げるトレンドのなかで20PIPSの調整があったりと様々です。

「なにをあたり前のことを・・・」と思うかもしれませんが、この「トレンド中には調整がある」とういうことを本当に理解していないことによってトレードに悪影響がでてきます。

例えばこのようなチャートの場合はエントリーからリミット到達までなんの迷いも生じませんよね。

043

次はこちらを見てください。(手書きなんで汚いです)

045

こちらのような価格の動きだった場合リミットまで迷うことなくポジションをホールドできますか?

リミットに到達しそうな赤い矢印の部分から下落しはじめて、建値まで下がった場合決済したくなってしまったり、次にリミットまで近づいたときに早く利食いたくなったりしてませんか?

もちろんエントリーする前に「20PIPS利益が乗ったらストップをブレークイーブンまで上げる」などとあらかじめルールで決めていれば問題ありません。

ですがトレード中のルール変更は絶対やってはいけません。

このように大体エントリーしてからの相場の動きというのは一本調子で上げていくことは少ないので楽をさせてくれません。

大半のトレードはトレード中にストレスがかかるわけです。
だからトレードは難しいのですね。

>>>無料メール講座の登録はこちらをクリック

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

今までのノウハウをつぎ込んだ動画を作成し、
しかも無料で配布することにしました。

動画時間2時間以上の超大作です。

是非あなたのトレードに役立てください。

今すぐ手に入れてすぐにレベルアップしてください。

ここでしか話さない秘密の話もあり。

詳しくはメルマガで。

cta