VIX指数(恐怖指数)とは?VIX指数はトレードに役に立つのか?

VIX指数とは、シカゴオプション取引所がS&P500を対象とするオプション取引のボラティリティを元に算出し、公表している値です。

VIX指数は恐怖指数ともいわれ、数値が高いほど、投資家たちの恐怖が高まっている状態といえます。

ちなみに、日本版VIX指数といえる日経平均VI(日経平均ボラティリティー・インデックス)と呼ばれるものが、日本経済新聞から公表されています。

このVIX指数は通常は10~20ぐらいで推移されるとされ、急激な相場変動がこの先予想される場合に数値が高まってきます。高まってくるとイレギュラー相場となりやすくなってきます。

参考までに過去につけたVIX指数の高値は以下のとおりです。

1990年8月 イラク軍クウェート侵攻 36

1997年10月 アジア通貨危機 38

2001年9月 アメリカ同時多発テロ 44

2003年3月 イラク戦争勃発 34

2008年9月 リーマン・ブラザーズ破綻 44

2008年10月 世界金融危機 89.53

このように歴史的なテロや戦争、金融危機などに関わって上昇してきます。

最低値は1993年12月24日の9.43です。

私もVIX指数はたまに興味本位で見ますが、基本的に年末年始や世界的な休日を除きトレードしているので、VIX指数によってトレードを控えたりということはしていません。

確かにVIX指数が高まってくると、相場が乱高下になりやすいですが、VIX指数だけ見てそのときのトレードの可否を決めるのはよくありません。

大事なのは指数ではなく、指数が高いときのチャートの状態です。

あまり気にしていると機会利益の損失にも繋がります。

ということで、気にしなくていいですが、たまに見てみると面白いかもしれません。

勝ち続ける為には必要ない知識ですが、予備知識として参考にしてください。

>>>無料メール講座の登録はこちらをクリック

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

DealingFX公式マニュアル

相場を攻略して、自由な人生を手に入れたいあなたへおくる「至高のFXマニュアル」 

他では絶対に手に入らない、テキストと動画によるFXの実践講座です。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta