何分足でトレードすればよいのか?FX時間足のコツ

どうも、塚田です。

トレードをしていると、
どの時間軸を主にトレードすればいいのか
迷ってしまう方も多いと思います。

単一の時間軸だけ見てトレードするか、
またはマルチタイムフレームで複数の時間軸を同時に監視するか様々ですね。

時間軸については、

1分足・5分足・10分足・15分足・30分足・1時間足
・2時間足・4時間足・8時間足・日足・週足・月足

あたりがメジャーな時間軸だと思います。

マイナーな時間軸でティックチャートや3分足、3時間足などもありますね。

どの時間軸でトレードしてもいいのですが、
大事なことは、時間軸が短くなればなるほど、
マーケットノイズと呼ばれる値動きのブレが増えるため、
トレードの難易度が上がっていくことです。

1分足でスキャルピングを行うより、
日足でスイングを行う方が遥かに簡単でしょう。

少しチャートを比べてみれば違いは明らかです。

決して1分足がダメだということではなく、
ただ単純に難しいというだけです

「デイトレで勝てないから1分足でスキャルピングだ!」
とういうのはマズすぎます。

【時間足ごとの値動きの特徴】

※時代の流れによって流動性が変化した場合時間軸の特徴も変化します。

時間足ごとの性質を比べてみますと
「1分足・5分足」はノイズが多く、
似たような値動きをします、よくスキャルピングや、
細かいエントリータイミングを計るのに利用されます。

「10分足・15分足・30分足」は短い時間なものの、
スイングの時間軸と似たような、割と安定した値動きが特徴です。

スキャルピングでの中期的なトレンドを把握したり、
デイトレードを中心に行うのに利用されます。

「1時間足・4時間足・日足」などの長い時間軸は、
上にあげた時間軸よりも安定した値動きで、長期的なトレンドを把握したり、
スイングトレードなどに利用されます。

4時間足以上になると経済指標の突発的な動きも吸収してきます。

世界で一番注目されている時間軸はこのあたりの時間軸(日足)だそうです。

「週足・月足」は実際トレードを執行するには
長すぎる時間軸ですので、超長期での運用や、主要な高値や安値を見たり、
重要なチャートポイントを押さえるのに適しています。

このように時間軸ごとに性質が様々なので、
トレード手法または生活スタイルにあった時間軸選びが必要になってきます。

この時間軸が良くて、
この時間軸がダメといったものは相場ではありません。

自分に合った最適な時間軸を、
自分のトレードとよく相談して決めましょう。

>>>無料メール講座の登録はこちらをクリック

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

DealingFX公式マニュアル

相場を攻略して、自由な人生を手に入れたいあなたへおくる「至高のFXマニュアル」 

他では絶対に手に入らない、テキストと動画によるFXの実践講座です。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta