トレードと勝率の関係性。安定して収益を上げるキモとは?

どうも、塚田です。

今日はトレードと勝率について

トレードの勝率はもちろん高ければ高いに越したことはないのですが、
勝つためには必ずしも高勝率である必要はありません。

勝率が良くても損切りと利食いのバランスが悪ければ、
典型的なコツコツドカンのトレードになってしまうからです。

リスクとリワードの理想的な比率はよく1対3以上とよくいわれていますが、
そのぐらいの損益比率になると確実に勝率は低下してきます。

大体5割以下になるでしょう。

勝率が高いトレードの最大のメリットは、
トレードにかかる「ストレス」が低いことです。

「ストレス」が少なければ当然トレードを行うには楽ですが、
この「楽なトレードをしたい」という気持ちは、
多くの大衆の市場参加者の心理なので、
基本的に負け組寄りのトレードになりがちです。

もちろん高勝率・高収益なトレードならば問題ありませんが、
相場での実際のトレードは「ストレス」がかかる実行困難なトレードほど
有効性が高い
傾向にあります。

たとえばレンジからのブレイクアウト狙いのトレードの勝率は、
大体5割以下になるでしょう。

一度ブレイクしてトレーリングストップで利益を追っていくことは
強い「ストレス」がかかりますが、
大きな利益を得ることができます。

勝率5割のトレードが5連敗する確率は統計的には3%ぐらいですが、
10連敗もふつうに起こりえます。

相場ではなにが起こるかわかりませんからね。

もし10連敗しても、
11回目のトレードで同じようにトレードできればいいのですが、
負け続けて怖くなり、エントリーに躊躇してしまったりします。

よけいな感情が入ってしまうため
トレードが難しくなってしまうことを真に理解してトレードに臨まねばなりません。

高勝率を求めるのは初心者によくありがちだと思いますが、
相場は毎日変化しているので高い勝率・高い利益率を維持することは困難を極めます。

自分のスタイル・性格にあったトレードスタイルを目指しましょう。

>>>無料メール講座の登録はこちらをクリック

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

DealingFX公式マニュアル

相場を攻略して、自由な人生を手に入れたいあなたへおくる「至高のFXマニュアル」 

他では絶対に手に入らない、テキストと動画によるFXの実践講座です。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta