FXの失敗から何を学ぶか?負のスパイラルからの脱出方法

どうも、塚田です。

トレードを長い間経験していると、
失敗の経験は数えきれないほどあるものです。

私も今のところ、
現状で考えうるすべての失敗を経験してきましたと思います。

トレードで何度同じミスをしないと心に誓ったでしょう。

自分のミスで損失が発生したときほど悔しいものはありませんね。

失敗すると感情的になり、
その後のトレードにまで影響してしまうのはよくあることですし、
その悔しさからまたミスを犯し、
負のスパイラルにはまっていきます。

規律を失ったその先に待っているのは破滅しかありません。

大切なことはたとえ失敗して損失を出しても、
トレーダーは、損失にとらわれることなく、失敗から学び続けることです。

つまり、言い換えれば、
失敗の「悔しさ」「怒り」などの感情はすぐに忘れても、
失敗から学んだことは教訓として絶対に忘れてはなりません。

何回かの損失を被っただけですぐにあきらめてはいけませんし、
くよくよせずに前を向いていくことが大切です。

要はポジティブシンキングですね。

古くから「失敗は成功のもと」ともいわれていますが、
決して失敗は恥ずかしいものではありません。

失敗をするからこそ真剣に相場に取り組み、
トレードの技術が上がっていくわけです。

全く失敗をしなかったら検証もしなくなるでしょうし、
トレードの記録もつけなくなります。

私は失敗したと思ったトレードについてはチャートに反省文を残すようにしています。

敗者の記録ですね。

・「なぜその失敗をしたか」

・「そのときの感情はどうだったか」

・「損失の額はどの程度か」

・「この失敗を2度と犯さないためにはどうするか」

この内容の反省文を書いたら、
もうその悔しさは忘れるように心がけています。

これを書くと気持ちがリフレッシュして、
次のトレードに臨むことができます。

そして大切なのは、敗者の記録を何度も見直して、
同じ失敗をしないように気を付けることです。

損失が続くとすぐに感情的になってしまう方は
やってみることをおすすめします。

トレードには「完成」がなく一生学んでいくことになります。

ミスを犯したその時こそ勉強代をマーケットに支払ますが、
そこから教訓を得ることができればいつかは見返りに
大きな報酬を受け取ることができるでしょう。

前向きに頑張っていきましょう。

>>>無料メール講座の登録はこちらをクリック

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

DealingFX公式マニュアル

相場を攻略して、自由な人生を手に入れたいあなたへおくる「至高のFXマニュアル」 

他では絶対に手に入らない、テキストと動画によるFXの実践講座です。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta