プライスアクション!鉄板逆張りポイント

どうも、塚田です。

プライスアクションによる
鉄板の逆張りエントリーポイントを紹介したいと思います。

◆ 鉄板逆張りポイント 1

・レンジブレイク後の戻し

039

レンジ場を一度抜けての戻しでレンジ上限まで戻し反発してきているパターンです。

レンジを一度抜けて戻ってきた場合には、
そのレンジの上限は強く意識され強い抵抗帯となります。

◆ 鉄板逆張りポイント 2

・トレンドからの逆張り

041

トレンドの定義である、
切り下げ、切り上げに注目して引いたラインです。

このポイントは多くのトレーダーが意識するポイントなので、
反発が確認できた場合は高い確率で一旦調整が入りやすいです。

図のように高値が切り下げ、
安値も切り下げているのが確認できたら切り下げている
高値の部分からラインを引きます。

◆ 鉄板逆張りポイント 3

・カップ ウィズ ハンドル

043

価格が大きく下落した後にすぐに反転上昇し、
ティーカップのような形状になったときに、
下落が始まった場所からラインを引きます。

調整のところが、取っ手の部分になります。

行って来いの相場のパターンですね。

このパターンはあまり大きな利食いは狙えませんが高確率なセットアップです。

逆張りのポイントはストップをタイトにするのが基本です。

トレンドに逆らっているため
ブレイクが発生してしまうと大きな損失となるからです。

これらのエントリーポイントは、
大きな時間軸のトレンドに沿っていることが条件となります。

出現頻度は高くありませんが、
良いエントリーポイントなので注目してみて下さい。

さらに、詳しい解説はメルマガでおこなっています。

>>>無料メール講座の登録はこちらをクリック

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

DealingFX公式マニュアル

相場を攻略して、自由な人生を手に入れたいあなたへおくる「至高のFXマニュアル」 

他では絶対に手に入らない、テキストと動画によるFXの実践講座です。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta