MT4のチャートのスケール。どのサイズで見るべきか?

「チャートのスケール(表示領域)はどのスケールで見ていますか?」
という質問が寄せられました。
確かにチャートのスケールは広げすぎたり、
狭め過ぎたりしますと、ラインの引きかたなどは難しくなります。
スケールは伸ばせば時間足を短くして見ていることと同じになりますし、
狭めれば時間足を長くして見ていることと同じ感覚になることになります。
 
どういうことかといいますと、
例えば15分足を表示していて、
スケールを2分の1にしますとローソク足は縮小して表示されますので、
感覚的には、30分足を見ている間隔になります。
 
 
つまりチャートのスケールというのはどの幅で見ても、
どこかの時間軸を見ているような感覚になります。
適切なスケールは自分が見やすいのが一番ということですね。
スケールに関してはそういうことなんですが、
それを聞いて私が思ったのは・・・・・

 

「そんな細かいことはどうでもいいんですよ!!!」
ということです。
よくメールでやり取りしている方の意見を聞いていますと、
どうも視野が狭くなってしまっている方が多いように思います。
トレードの執行自体はきっちりやらなければいけませんが、
トレードの本質自体は結構いい加減なものです。
ちょっと大げさですが、トレンドに沿ってエントリーしたとして、
その後トレンドが継続すればどこでエントリーしようが利益になるわけです。
「トレンド方向にブレイクした!」
「リトレースした!」
「だからエントリー!」
FXはトレンドの継続性がとても高いですので、
これでも何の問題もありません。
いろいろ考えるからこそ逆に、売買タイミングが悪くなってしまいます。
「あまり難しく考えない」
「細かいところまで気にしない」
これはトレードでは結構重要になってきます。
トレードルールは「シンプル」にそして「根拠」のあるものにしましょう。

>>>無料メール講座の登録はこちらをクリック

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

DealingFX公式マニュアル

相場を攻略して、自由な人生を手に入れたいあなたへおくる「至高のFXマニュアル」 

他では絶対に手に入らない、テキストと動画によるFXの実践講座です。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta