ドローダウンを乗り越える方法

こんにちは、塚田です。

FOMC以降、材料不足で凪の状態が続いていましたが、週明けのテーマとしてヘルスケア法案に注目が集まっています。

トランプ政権がこの程度の法案も通せなかったということは、後の税制改革にも響いてくる可能性が高いので、インパクトは大きいのかなと思います。

法案が採決できなったことを受けて週明けからドル売りが継続しています。

全体的なマーケットの動向としては、現時点で見通しが良く、方向感が出ているのがUSD、EUR、JPY、GBPといったところですので、このあたりのクロスを中心にポジションを作っていきたいと考えています。

今週も頑張っていきましょう。

 

さて、話は変わりますが、今日はドローダウンについての話をしたいと思います。

先日こんな質問をいただきました。

___________________

ドローダウン期の資金減少が精神的にきつく、ルールを守って売買を行うことができません。
「ルールさえ守っていれば収益を減らすことは無かったのに・・・」と日々後悔することばかりです。
連敗中のドローダウンを乗り越える何か良い方法はありますか?
___________________

確かに資金が目減りしていくのは、一時的な状況であっても耐え難い状況であると思います。

ただ個人的には「ドローダウンの状況をどのように耐えるのか?」というよりも、ドローダウンを耐え忍ぶこと自体が、良くない状況だと考えています。

元々、取引は精神をすり減らしながらやるものではないですし、そういう精神状態でやっても冷静な判断はできないからです。

「投資は余剰資金でやりましょう」とは良く言ったもので、心の余裕は何よりも大切です。

確率で考えて一時的な資金の落ち込みは気にしないようにすることです。

気にしたら負けます。

 

そういう意味では、お給料を頂きながら、兼業で取引するのはとても良いと思います。

しっかりとした収入があり、その上で取引ができるので無理がなくなるからです。

トレードで稼ぐのも一つの手段でしかないので、心に余裕を持ってマッタリと運用していくことをオススメします。

FXは人生を賭けてやらなければ、極めて安全なゲームですから、他にも収入の道を持ち、その上で資産運用を行っていくことです。

 

私自身も、トレード以外に他にやりたいことは色々とありまして、現在精力的に取組んでいるのは「フィットネス事業」に取組んでいます。

これも仕組みさえ作ってしまえば、後は自動で収益が上がりますから、自分は経営だけに力を注ぐことができます。

準備も大分進んでいるので、一応半年後にオープンを予定しています。

 

今の時代稼ぐ手段なんて考えればいくらでもあるわけで、所得は分散させておくに越したことはありません。

大きな収入を複数持つのは難しくても、小さい収入をいくつも持つのはそれほど難しくは無いからです。

1つの大きい収入がドンとあるよりも、細かい収入が10個に分かれていたほうが、安心しますよね?

 

年月が経てば社会も恐ろしく変化していきます。

50年も経てば、全く予想もつかない世の中になっていると思うんですよね。

例えば昭和の自転車屋さんなんて、今では見る影もありませんし、ブランド力の低い小売りなどもかなり厳しくなっていると思います。

これからの時代は、社会が変化しても安心して生きられる、「マルチな稼ぎ方」が求められているのかな、と考えていたりします。

盛者必衰とも言いますし、未来は全く分らないですからね。

 

そういうふうに考えているので、リスク分散として日々色々とやっています。

フィットネス事業以外に最近取組んでいるのは、暗号通貨関係や不動産関係にも取組んでいます。

学習しておくと、頭を使うだけで稼げる案件が見つかったり、周りからありがたい話を頂けたりするんですよね。

とにかく興味を持った分野、知らない分野について日頃から学んでいくことが収益に直結すると考えています。

 

質問の答えになっていないかもしれませんが、収入をいくつも増やせば自然とドローダウンは気にならなくなります。

それか1トレードあたりのリスク額をグッと減らすことです。

コツコツいきましょう。

もし、これから資産形成に役立つグッドな情報があれば、アウトプットも兼ねて発信していきますね。

それでは、また。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

知らないと損!見るだけで上達する
トレード動画をプレゼント

このマニュアルは利益を上げ続けているトレード方法を、2時間以上の具体的な動画で解説しているものです。

ここでしか話さない秘密の話や、お徳情報もアリ。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta