ハングリー精神の大切さ・経済的自由への道

こんにちは、塚田です。

私が経済的に発展することができた理由の一つして、
「ハングリー精神」を持っていたことが挙げられます。

20歳を過ぎたあたりから「どうしても、一人で稼ぎたい」
と考えるようになっていました。

 

元々、労働すること自体は嫌いではなかったんですが、
単純に会社に行きたくは無かったのです。(笑)

なぜ会社に行くことがそれほど嫌だったのかというと、
「人に使われている」という感覚も嫌でしたし、
何よりも「自分の限界」が見えてしまったからです。

 

一つ印象的なエピソードとして記憶に残っていることで、
会社の上司が自慢げに給料明細を見せてきたことがあります。

その人は私より20歳ぐらい年上で、有能な人でした。

 

「塚田見てみろよ、お前もこれぐらい稼がないとダメだぞ」
自慢げに給料明細を見せつけてきたのを覚えています。

その給料は、一般的にみれば高水準でしたので、
「いやーすごいですね!さすがです!」とは言ってみたものの、

 

内心、「マジかよ・・・、20年働いてもこれが限界なのか・・・」
と、衝撃を受けたのを覚えています。

 

このような、収入面での不満もありましたし、
会社での人間関係も窮屈に感じていました。

なので、どうしても自立をしたいと考えたのです。

 

こうやって書いていると、なんて子供の思考なんだろう、
と恥ずかしくなってしまいますが、嫌なものは、嫌なんですよね。(笑)

こればかりは仕方がありません。

 

「また会社に勤めたらどうするか?」とたまに考えることがあるんですが、
また企業に勤めるとしたら、小さい会社であっても、
トップを目指せるような企業に就職すると思います。

 

とにもかくにも、今はこうやって自由に生活することができて、
毎日感謝の気持ちで一杯です。

元々の能力が低くても、ハングリー精神をもって、必死に取組んでいれば、
必ず道は開けると私は信じています。

 

では、どれぐらいの収入があれば、
経済的に自立が出来たといえるのでしょうか?

これは、人それぞれ、望むべきものや、欲しいものも違いますから、
それによって必要となる金額も違うと思います。

月の生活に50万円で済む人もいれば、
中には100万円あっても足りない人もいるからです。

 

ちなみに私は、それほど、贅沢な暮らしは望んでいませんので、必要な金額は低いです。

自分と家族に必要な物を躊躇せずに買うことができて、
健康的に暮らしていければ十分幸せだからです。

 

もし、あなたが少ない収入でも満足できるのであれば、
意外と経済的自立への道は近いかもしれません。

 

このような、経済的自立を達成するために大切なことは、
資金を大切にして、資金からお金を産み出すことです。

少しづつ資金をためて、そしてその資金から運用益を出す。

そして、その運用益からさらにキャッシュを生む。

こういった、正のスパイラルで資産を築いて欲しいと思います。

 

トレーダーにとっての資金はガソリンのようなものです。

元金を大切にして、少しでも良いので、着実に利益を出せるようになりましょう。

一日1000円でも、5000円でも積み重ねていくことで、
それは大きなものになっていくと思います。

では、今週も頑張っていきましょう!

 

PS

このブログを始めて3年以上たちましたが、
多い日で5000アクセスぐらい読んでいただけるようになりました。

いつも本当にありがとうございます。

これからも、更新を続けていきたいと思います。

 

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

DealingFX公式マニュアル

相場を攻略して、自由な人生を手に入れたいあなたへおくる「至高のFXマニュアル」 

他では絶対に手に入らない、テキストと動画によるFXの実践講座です。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta