勝率を上げるための上級テクニック

こんにちは、塚田です。

今日は、「勝率を上げるための上級テクニック」についてお話します。

上級テクニックなので、難易度は少し高めです。

 

FXが特殊なのは、ご存知のように取引対象が「ペア」になっている点がポイントとして挙げられます。

例えば、ユーロ(EUR)という通貨のペアで考えても、ドルクロスのユーロドル、円クロスのユーロ円、ポンドクロスのユーロポンドなど実に様々です。

この複数の通貨と通貨が合わさる、「通貨ペア」を指標として売買するのがFXですね。

 

なので、ユーロという単一の通貨が買われたしても、ペアとなる通貨も同時に買われていれば、その通貨ペアはあまり動きません。

ユーロ(EUR)買い↑、ドル(USD)買い↑では、ユーロドル(EUR/USD)はレンジの動きになります。

ユーロドルが最も強く上昇するのは、ユーロが買われ、反対にドルも大きく売られたときです。

これは、基本でもあり、当たり前の話なんですが、ここをキチンと分かっているかどうかは、結構重要です。

全体的に俯瞰する

通貨ペアは、通貨の組み合わせなので、一つの通貨だけに意識を絞ってしまえば、非常に視野が狭くなってしまいます。

視野が狭くなるのを防ぐには、「複数の通貨ペアを、複数の異なる時間軸で同時に監視」することです。

参考画像↓

全体の流れの中で「各通貨がどのような働きをしているのか」を把握すると戦略を練りやすくなるからです。

通貨強弱を見極める

私は、一番動いてる通貨を「テーマとなっている通貨」という呼び方をしています。

例えば、ドル(USD)がテーマで動いているときは、ドル円、ユーロドル、ポンドドル、オージードルなどのドルストレート通貨が同時に同じ動きをすると思います。

その動きで、ドルを中心にマーケットが動いていることがわかります。

ドル円↑ユーロドル↓ポンドドル↓オージードル↓という動きが同時に起これば、ドルが買われる動きになっていることが分かります。

この時、ドルが買われているわけですが、通貨と通貨の交換ですので、ドルが買われる元となった通貨が存在します。

つまり、「ドルへの資金流入がどこから来ているか?」「どの通貨が売られているのか?」ということです。

これは「通貨強弱を意識する」ということですが、更に考えを進めて、通貨をセクターで分けて「どの通貨セクターからどの通貨セクターへ資金が流れているのか?」というものを全体的な視点で見ることです。

例えば、

ユーロから資源国通貨セクターへ資金が流入している

ドルから流出し、資源国セクターへ資金が流入している

リスク通貨としてのユーロとポンドから資金が流出し、各セクターがそれぞれ買われている

安全資産として円が、リスクオンになりユーロに資金が流れている

などなど・・・

各セクターの動きは、毎回必ず同じになることはありません。

しかしこのセクターの流れには一定の法則が存在し、その法則が全体を俯瞰しているとわかるようになるのです。

 

簡単に言えば、どっちに動くのかが分かるようになります。

そして、その時最も動く通貨ペアを売買できれば、資金効率も良くなるので一石二鳥です。

一つの通貨ペアだけ見ていては分からないことが、複数の通貨ペアを同時に監視しているとわかるようになるのです。

 

私がトレードを初めた頃、初めは1画面で取引していたんですが、それが2枚増え、4枚に増え、今では6画面となったのは、そういった背景があります。

複数の時間軸、複数の通貨ペアを同時に見ることで、一つの通貨ペアを見るだけで分からないことがわかるようになるからです。

 

一つの通貨ペアの売買になれたら、是非マーケット全体を眺めることをしてみてください。

そして、異なる通貨ペアの動きから法則性を見つけ、売買に活かしてみてください。

きっと、上達に役立つと思います。

関連記事

>>>ワンランク上のプライスアクション分析

>>>FXで月100万以上稼ぐために必要な思考

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

今までのノウハウをつぎ込んだ動画を作成し、
しかも無料で配布することにしました。

動画時間2時間以上の超大作です。

是非あなたのトレードに役立てください。

今すぐ手に入れてすぐにレベルアップしてください。

ここでしか話さない秘密の話もあり。

詳しくはメルマガで。

cta