チャートパターンを妄信するべからず

shutterstock_106098428

こんにちは、塚田です。

噂のKindle Unlimitedがついに日本でも始まりましたね。

ラインナップはまだ十分とは言えませんが、これはかなりヤバいサービスです。

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/kindle/ku/

専門書もそこそこありますし、newsweekなどの雑誌もありますので簡単に元が取れてしまいそうです。


さて、では話は変わりまして、今日お伝えしようと思うのは、「チャートパターンを妄信するな」という話です。

多くの人がテクニカル分析を駆使して、必死に売買を行っているわけですが、多くのトレーダーは結果を出せないでいます。

その典型的なパターンとして多いのが、チャートパターンを妄信的に信じて売買を行っているケースです。

 

チャートパターンの妄信

例えば、この相場状況、仮に相場がブレイクアウトしたので、押し目買いを狙って売買のシナリオを考えるとします。
gbpusd0802

確かにこの状況は売買を狙いたいタイミングではあるんですが、
そもそもとして、「何故ここで買うのか?」という意味まで考えているでしょうか?

 

「レンジ相場からブレイクアウトしたので買い」と単純に考えてしまえば、表面的な知識だけの浅い売買になってしまいます。

単純にシグナルが出たから売買するのではなく、そこから一歩突き詰めて、参加者同士の攻防に注目することが大切です。

 

テクニカル的に売買のシグナルが出た際も、

「何故、押し目で買っていくのか?」

「何故、ブレイクアウトの後、買っていくのか?」

というところまで、踏み込んで考えていきましょう、

 

例えば、上方にブレイクアウトが起こったケースでは、それまで売りポジションを持っていた売り手は、慌てて高い値段で買い戻すことが考えられますし、(損切り)

逆にブレイクアウトが起こったことにより、 動きに便乗して新規の買いが入ってくることも考えられます。

 

価格が上昇する理由は、「より高い値段でも買いたい」と多くの参加者が考えているからに他なりません。

マーケットの価格形成は、買い手と売り手が折り合った時に価格が決定しますから。

これが、押し目や戻りを狙って売買をする理由です。

チャートをただの数字のグラフだと思わずに、チャートパターンの背景にある、市場心理を読み解く努力をすることです。

少しづづで良いので、参加者の身になって考えるクセをつけるようにしてください。

 

どれも当たり前のことではありますが、チャートパターンを妄信しているトレーダーと、そうでないトレーダーの間には大きな力の差があります。

一貫した売買を続けていくには、優れた技術があるのはもちろんのこと、自分の売買を信じる信念が大切になってきます。

 

どれだけ良い売買をしていたとしても、結局信じることができなければ、継続的に実行することができませんので。

これを意識して相場を見れるようになると、急激に上達していていくケースも多いです。

 

表面的なテクニカル分析をするのではなく、その裏側の参加者の心理を考えてみましょう。

マスターできると、きっと世界が広がりますよ。

では。

shutterstock_106098428

知らないと損!見るだけで上達する
トレード動画をプレゼント

このマニュアルは利益を上げ続けているトレード方法を、2時間以上の具体的な動画で解説しているものです。

ここでしか話さない秘密の話や、お徳情報もアリ。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta