地政学的リスクが高まる今日この頃

どうも塚田です。

直近に控えている大きなイベントとして、フランスの大統領選が控えています。

大統領選の日程は以下のとおりです。

・4月23日(日)→第一回投票。

・5月7日(日)→第二回投票(第1回で有効投票数の50%を上回らない場合、上位2位による決選投票)

・5月11日(木)→新大統領選出。

このようなスケジュールになっており、今回の選挙では4候補が競り合っているので決選投票に、もつれることが見込まれています。

主要4候補の関係は、親EU派である「マクロン氏」「フィヨン氏」と、反EU派である「ルペン氏」「メランション氏」に大まかに分かれています。

 

今回の大統領選が注目されている理由は、反EU派である「ルペン氏」の存在でしょう。

もしEU離脱を掲げているルペン氏が大統領になれば、フランスがEU離脱へ向かう可能性も出ててきます。

事前に行われた各世論調査の結果では、マクロン氏が優勢ですが、最近の政治イベントはことごとく世論を覆すことが多く、市場も警戒ムードになっています。

(トランプさんのときも、ブレグジットのときも)

そのような雰囲気も含めて考えると、リスクも織り込んでいるので、相場への影響は限定的だと考えることもできますが、

反EU派の候補2人の決選投票が確定した場合は、為替相場への影響も大きくなりそうです。

そんな状況の中でのトレードです。↓

木曜日はノートレードしたが、金曜日はポジションを持ちました。

CADは18日から継続的に弱くなっていましたが、金曜日に再度CADが売られる展開に。

USD買いCAD売りで、USDCADをロングして就寝。

・USDCAD長期

・USDCAD短期

王道的なブレイクアウトだったので、ここはとれた人も多いのではないでしょうか。

USDCADはリミットに到達しましたが、少し遅れてCADJPYもショートし、こちらは含み損のままオーバーウィークしています。

週明けは大きく動くと思いますが、淡々とやっていきたいと思います。

来週も頑張りましょう。

~最近の話~

我が家の息子も早いもので、1歳になります。

ということで初めての5月人形を出しました。

威圧感があり、部屋を圧迫しています・・・笑

にほんブログ村 為替ブログへ
↑ランキング参加しました、ポチっと応援してくれると嬉しいです。(´▽`)

DealingFX公式マニュアル

相場を攻略して、自由な人生を手に入れたいあなたへおくる「至高のFXマニュアル」 

他では絶対に手に入らない、テキストと動画によるFXの実践講座です。

今すぐ手に入れて、あなたのトレードにご活用ください。

cta