FXで勝ち続けるリスク管理。攻めのリスク管理と守りのリスク管理とは?

こんにちは、塚田です。

今日は、リスク管理とポジションコントロールについてお伝えしたいと思います。

FXで勝てない原因の多くは、リスク管理とポジションコントロールにあると考えています。

長年相場で生き残り、高いパフォーマンスを上げるトレーダーは、皆リスク管理が上手いですね。しかし、リスク管理の方法論は星の数ほどあり、どれが正解か分かりません。

「これをやっておけば完璧です!」というような方法があれば楽なんですけどね。そんなものは無いのです。

ですので、僕がお伝えする内容も「そういう考え方もあるんだな」という一つの意見として聞いてもらえればと思います。

結局のところ、資金量や許容量は人によって違いますから、リスク管理の方法論は、自身で構築していく必要があると考えています。

例えば、100万円の資金の人と、1億円の資金の人では全く違う運用になりますし、狙っているリターンが変わればリスクの取り方(枚数)も変わってくるからですね。

FXは上がるか、下がるかを当てるゲームではない

実は相場は、上がるか下がるかを当てるだけの「予測のゲーム」ではありません。知っていましたか?

「いやいや、そうはいっても、上がるか、下がるか予測しないとならないのでは?」と思うことでしょう。

確かに、最終的に買うか売るかを選択する以上、相場の方向性を予測することも重要ではありますが、実際は上がるか下がるかを当てるだけで勝ち続けることはできないのです。

なぜなら、トレードにはポジションコントロール(枚数の増減)という概念があるからですね。

方向性が合っている時にポジションを増やし、方向性が間違っている時にポジションを減らせば、上がるか下がるかという2択だけではなくなります。

つまり「買う、売る」という概念に加えて、「増やす・減らす」という概念がミックスされるんですね。なので非常に重要になってきます。

僕は相場の予測は、当たることもあるし当たらないこともあるぐらいに考えています。

もちろん、予測の精度が高くなるように日々努力を重ねていますが、それ以上に大切なのは、資金を守り堅実に増やしていくことであるからです。

どのように、ポジションを増減すればいいのか?

では、どのようにポジションを増減すればよいのでしょうか?

リスク管理の基本は、プロスペクト理論に従って、損は小さく利益は大きくを実践することになります。

まあ、これが難しいので、苦戦するわけではあるのですが。

より具体的に言えば、「逆行しているポジションを保有しており、迷うのであればポジションを減らす」逆に「思惑通りに動き、自信があるならポジションを増やす」というのがリスク管理の基本になると思います。

・逆行しており、迷うのであればポジションを減額
・思惑通りに動き、自信があるならポジションを増加

トレンドが出ておりトレンドに乗っている場合はポジションを増やしていきます。

逆に、ポジションを保有してもすぐに逆行してイメージと違う動きをしたり、保有することに迷う場合はポジションを減らします。

金融政策イベント(政策金利の発表)や、政治的なビッグイベントが直近に控えているときなどは、頻繁にポジションを減らすこともあります。

まとめ

僕もFXを始めた頃は、「上がるか、下がるかを当てれば勝てる!」と信じていました。

しかし、実際はリスクコントロールを知らずして勝ち続けることは不可能だったのです。

「買う、売る」だけで考えるのではなく「増やす・減らす」という方向からも考えてみると、考え方の幅が広がるのではないでしょうか。

リスク管理に正解はありませんが、そのような視点も含めて、ご自身のリスク管理の方法論を構築していってください。

関連記事

FXのトレードで感情に振り回されない方法。暴走しないコツとは?

 

FXを学べるオンラインサイト、
DealingFXアカデミーを公開しました。

動画時間6時間以上の超大作です。

是非あなたのトレードに役立てください。

今すぐ手に入れてすぐにレベルアップしてください。

ここでしか話さない秘密の話もあり。

詳しくはアカデミーで。

cta