モバイルトレードのデメリット、オススメしない理由

スマホ

どうも、塚田です。今日はモバイルトレードについて少し。

 

最近はPCから、スマートフォンやタブレットなどの携帯端末へのシフトが進んでいますね。

 

片時もスマホを手放せない、スマホ中毒者も多いのではないかと思います。

 

そのような時代の流れによって、「スマートフォンだけでトレードが可能でしょうか?」といった質問をよく貰います。
今はトレードのアプリも数多く出ていますね。

 

上手くいっている人もいるとは思いますが、僕個人の意見としては、モバイルトレードには否定的です。

 

携帯端末でトレードを行わない理由としては、「大画面でチャートを見れない」ということと、「いつもチャートを見ている感覚と変わってしまう」からです。

 

証券会社もゴリ押しでモバイルトレードを推奨していますが、あの小さい画面で環境を把握して、実際にエントリーのタイミングを取るのは厳しいと思います。
トレードに熟練しているならまだしも、初心者なのであればなおさらです。
携帯端末を活用するにしても、決済の確認程度に使うのが無難ですね。
 

 

実際のチャートの確認は、大きめのモニターでトレードすることをオススメします。 
モニターは数がたくさんあるよりも、モニターの大きさの方が重要です。

 

ちなみに僕の今の環境は21.5インチが4枚ですが、実際に使っているのは大体2枚ぐらいなので、デュアルモニターでも良いと思います。
次は4kディスプレイが欲しいですね。
迷ったら大きいモニターを買っておけば間違いないでしょう。

 

スマホを片手にポチポチやって稼げたら楽だとは思いますが、現実はそんなに甘くはありません。
 
スマートフォンでトレードを使って、出先でトレードするんであっても、家でしっかりとチャートを頭に入れておいて、出先でポジションを持つといった対応が必要だと思います。
 
参考にしてくださいね。

FXを学べるオンラインサイト、
DealingFXアカデミーを公開しました。

動画時間6時間以上の超大作です。

是非あなたのトレードに役立てください。

今すぐ手に入れてすぐにレベルアップしてください。

ここでしか話さない秘密の話もあり。

詳しくはアカデミーで。

cta