FXで勝ちたいなら、しっかりと休め。

こんにちは、塚田です。

今回は、僕が「トレード中毒者」だった頃の話をさせてください。以前の僕はマーケットにとりつかれた「中毒者」でした。

月曜日から金曜日は通常のマーケットに深夜まで張り付き、さらに土日は暗号通貨の売買して、気がついたら全く休みなくトレードをしていたことがあります。さらに、外出をしても価格が気になったり、マーケットのヘッドラインが気になったりしていたのです。

でも、ある時に気づきました。「あれ、これって思っていたのと違うんじゃない?」と。そこで、自分のやっていることを見つめ直すことになりました。

働かないライフスタイルに変えた話は、以前書いた記事も参考にしてください。

>>>働く時間を減らして、ワーカホリックをやめる5つの習慣

時間とお金と幸せの関係

「自由になりたい、豊かになりたい」と思って始めたのに、「自分は自由じゃなかったんだ」と気が付きました。

そこで、時間が拘束される短期売買は減らし、中長期の投資スタイルに切り替えることに決めたのです。

正直、お金がなくても、時間があれば裕福さは何倍にもなります。例えば、年収5,000万円以上あるのに、毎日忙しくて幸せそうではない人もたくさんいると思います。そういう人は、お金と時間のライフバランスが合っていないのです。

スイングトレード、デイトレード問わず、トレードを始めた本来の目的をよく考えてみてください。お金があっても、時間がなければいつ使うのでしょうか?本当に幸せですかと。

今の年収が倍になっても、働く時間が倍になったり、嫌な人と関わることになるなら僕はやりたくはありません。

FXの収入は不労所得ではない

また「トレードは不労所得ではない」と理解しておくことはとても大切です。

資産運用で何もせずに資産が増えていくことや、配当で収入を得ることは不労所得ですが、どこまで言ってもトレーディング(売買)が「労働」であることには変わり無いからです。

トレードは楽と思ってはいませんか?リサーチにも時間がかかるし、分析にも時間がかかるので決して楽なものではありません。

僕が事業も行って、ビジネスオーナーとしての収入を得るのは、事業での収入は不労所得に近く多くの時間を生み出せるからです。

相場を見ない時間を作る

最近では暗号資産の売買なども行えば、365日24時間休まず、マーケットで取引ができるようになりましたね。

個人投資家にとってのチャンスは増えた反面、マーケットにとりつかれてしまった人も増えているのではと思います。

熱くなれば相場で勝ちつづけることはできません。混乱して分からなくなった時には、一度相場から離れて冷静になるようにしてください。

トレードはギャンブルと同じで中毒性があるので気をつけてくださいね。

それから、トレードで稼ぐことは、手段であって目的ではありません。

なので、トレードで稼げるようになったら他の世界にも目を向けて、自分のやりたいことや、本当に好きなことに挑戦してみて欲しいと思います。

僕も今新しい事業に挑戦しようかと準備しているところです。では、また!

関連記事

働く時間を減らして、ワーカホリックをやめる5つの習慣

FXで勝ちたいなら「動かない」ことに慣れろ。

FXを学べるオンラインサイト、
DealingFXアカデミーを公開しました。

動画時間6時間以上の超大作です。

是非あなたのトレードに役立てください。

今すぐ手に入れてすぐにレベルアップしてください。

ここでしか話さない秘密の話もあり。

詳しくはアカデミーで。

cta