ギャンブルが強い人は、FXトレードも上手いのか?ギャンブルとの違いについて解説。

こんにちは、塚田です。

今日は、「ギャンブルが強い人は、トレードも上手い」と言われていることについて、考えてみたいと思います。

そもそもギャンブルとは何か?

そもそもギャンブルとは何か?というと、wikiでは以下のように出てきます。

賭博( gambling)とは、金銭や品物を賭けて勝負を争う遊戯のこと。

パチンコ、パチスロ、競馬、競輪 、オートレース、 競艇、宝くじ、賭け麻雀、賭け将棋など。

このあたりは、イメージに大きなズレは無いでしょう。つまり、一般的なギャンブルへのイメージというのは、「運要素がある、賭けゲーム」ということになりますね。

これらの予測不能な、運要素が入っているゲームは「不完全情報ゲーム」と呼ばれています。

反対に、将棋のような、意思決定の情報が全て開示されているゲームは「完全情報ゲーム」と呼ばれおり、それらと対極をなすものとなります。

ギャンブルが強い人が、FXなどが上手いのはなぜか?

ギャンブルが強い人が、FXなどが上手いと言われるのが何故か?

というと、それは、FXなどのトレードも、一般的なギャンブルと同じように不完全情報ゲームの性質を持っているからです。

例えば、ギャンブルのイメージが強い麻雀、パチンコといったゲームも、完全に運だけではなく、技術が成績に反映されます。

例えば、麻雀であれば、牌効率と押し引きの技術が高ければ、トータルでプラスに持って行くことは難しいものではありません。

また、ギャンブルの代名詞とも言われる、パチンコやスロットでも極わずかに「パチプロ」と呼ばれるような人がいまだに存在します。

それらの不完全情報ゲームで結果を出せる人に共通するのは、「期待値を追う」という考え方を持っているかどうかです。

要はランダム要素があるゲームで、それ以外の確定している情報をどのように活かすかということです。

どうにもできない運要素の部分は排除して、ひたすら期待値を追う作業ができるかどうかということにつきます。

ちなみに僕も麻雀はそれなりに強いのですが、勝つ打ち方をするのであれば、感情を排除して、機械的に処理していくことになるので、ただの作業になってしまいます。なので、もはや娯楽とは呼べず、最近は麻雀も、やりたいとは思いません。

ちなみに一般的な賭け事の多くは、胴元が場代として回収する比率が高く、例え勝てたとしても非常に薄利になる可能性が高いです。

投下できる資金量に対して、時間効率が悪すぎてプレイするメリットを感じません。

FXと一般的なギャンブルの違いとは?

楽しさを捨てて、淡々と期待値を追えるかどうかが重要な点においては、一般的なギャンブルとトレーディングは共通する部分があると思います。

感情的にならないプレイヤーの方が、トレードには向いているからですね。

しかし、大きく違うのは、「動いている金額、市場の大きさが全く違う」ということと、「ランダムな要素が多い」ということが、マーケット特有の難しさです。

マーケットでは、一般的なギャンブルよりも大きな金額が動くので参加しているプレイヤーの質が高く、パイを奪い合うゼロサムゲームでは不利に働きます。

加えて、マーケットでは、見えていないブラックボックス的な部分が多いということです。

開示されている情報は、基礎的ファンダメンタルズ、経済統計、オプション情報、価格、ポジション情報など狭く限定されており、確かな情報が多いわけではありません。

実際に、どこのプレイヤーがどんな動きをしているのか情報が少ないので、判断がよりシビアになるということです。

ランダム要素を多分に含むので、より状況判断の的確さ、リスクマネジメントの技術が成績に反映されます。

ルーズなトレードは一切許されないのです。

まとめ

結論から言えば、一般の不完全情報ゲームに比べ、情報開示量が少ないのでギャンブルが上手い人がトレードで上手いとは一概に言えません。

難易度はトレードの方が遙かに高いからです。パチプロをやっていたから、上手くいくというのは大間違いです。

しかし、一部の考え方は共通する部分があるので、何も知らない初心者よりは有利になるのではないかと思います。

関連記事

この記事が役立ったらシェアしてね!

FXを学べるオンラインサイト、
DealingFXアカデミーを公開しました。

動画時間6時間以上の超大作です。

是非あなたのトレードに役立てください。

今すぐ手に入れてすぐにレベルアップしてください。

ここでしか話さない秘密の話もあり。

詳しくはアカデミーで。

cta

ABOUT US
Tatsuya Tsukada
山梨県の甲府市で生まれました。トレードスクールの運営を行い、3000名を越える受講生がいます。メルマガの読者は1万5000人を越え、現在はトレードをする傍ら、複数の会社を経営しています。