独立することのリスクは、思っているほど無い。

こんにちは、塚田です。

最近、友人が会社を退職して独立することが決まったので、今日は「独立することのリスク」について考えてみたいと思います。

独立することは博打なのか?

企業勤めから独立すると、今まで給料を頂いていた立場から、自分でキャッシュを生み出す側に立場が変化していきます。

その為、世間一般の認識では、「独立すること」=「生活が不安定になる」という認識が強いようですね。

特にこのような考えは、日本国内では根強く、かなり思い切った勇気が無いと、独立はできないとされています。

中には「独立することなんて、博打だ!」と考えている人も少なくはないでしょう。

ですが、会社から離れて独立することは、本当にそれほどリスクが高いことなのでしょうか?

 

独立することのリスクは低い

私がいつも思っているのは、世間が思っているよりも「独立することのリスクは低い」ということです。

それはなぜか?

それには、きちんとした理由があるんです。

それは、独立することによって、今まで会社の為に使っていた時間を全て、自分の成長に使うことができるからです。

独立した後に感じる危機感というのは、会社勤めの何倍も強くなります。

その為、人よりも多く学習を行い、高い技術が身につくんですね。

それに加えて、色々な問題にも直面し解決していかなければならないので、問題への対応力も上がっていきます。

独立をすることで、あらゆる面でスキルアップをすることができるのです。

遅れをとることは無い

つまり、普通にやっていれば、他の人に比べて遅れをとることは、まずありません。

独立をして、日々努力をしてきた人、問題と直面してきた人は、企業の人材として考えても優秀です。

ですので、たとえ独立に失敗したとしても、雇いたいという人は数多くいるでしょう。

そうは思いませんか?

結局のところ、自分のスキルを高めていけば、職に困ったり、金銭的に困ったりすることは無いのです。

リスクなんてたががしれていますよね?

独立の壁

ただ、独立することには、壁もあります。

独立することの壁となるのは、自分の身の回りの様々な環境でしょう。

人は、生活環境であったり、周りの人間関係に縛られています。特に、家庭を守る立場であると、挑戦への思考は制限されることになります。

「自分が稼げなくなったら、家族が困る・・・」このような思考ですね。

最悪のシナリオを想定する

では、このような心理的な壁を越えるにはどうすればよいのでしょうか?

私はいつも、問題が発生した場合には、最悪のシナリオを想定するようにしています、

先に最悪のシナリオから考えると、「今起きている問題は、意外とたいしたことないなー」と思えるからです。

最悪を想定してみて、もしその最悪を受け入れられるのであれば、挑戦してみたほうが良いと思います。

リスクが低いとはいえ、全くリスクをとらずに、リターンを得ることはできないからです。

最後に

ちなみに、私は企業に勤めることを否定しているわけではありません。

自分にあった環境で幸せに暮らしているのであれば、それは大変素晴らしいことだからです。

ただ、独立していなければ経験できないことがあるのも、また事実です。

時間や他人に縛られない自由な生活は、独立することの醍醐味ですね。

これらは、独立していなければ中々実現出来ないでしょう。

 

最悪を想定してみて、それでも挑戦したいと考えるのであれば、挑戦する意味は大きいと思います。

あなたが思っているよりも、リスクはずっと少ないからです。

 

特にリスクをがっつり取れる若い人には、頑張って欲しいと思います。

時間は有限ですから、時間を有効に使って、自分のスキルを高めていきたいですね。

では、頑張っていきましょう。

この記事が役立ったらシェアしてね!

FXを学べるオンラインサイト、
DealingFXアカデミーを公開しました。

動画時間6時間以上の超大作です。

是非あなたのトレードに役立てください。

今すぐ手に入れてすぐにレベルアップしてください。

ここでしか話さない秘密の話もあり。

詳しくはアカデミーで。

cta

ABOUT US
Tatsuya Tsukada
山梨県の甲府市で生まれました。トレードスクールの運営を行い、3000名を越える受講生がいます。メルマガの読者は1万5000人を越え、現在はトレードをする傍ら、複数の会社を経営しています。