経済は感情で動く、はじめての行動経済学

どうも、こんにちは、塚田です。

 

先日、ギリシャ問題の話をちょろっとしましたが、
7/5の国民投票の結果が否決となったことで、
引き続きギリシャとユーロ側の協議が続いています。

 

緊縮はしない、だが支援はしろ、という都合の良いことばかり要求する
ギリシャの姿勢には疑問が残りますね。

 

今後ユーロ側がどこまで歩み寄るかによって、
流れが大きく変わってきます。

 

ギリシャ国民の怒りは緊縮でマックスですが、
結局はユーロ圏に面倒を見てもらわないとどうにもなりませんからね。

 

今後ギリシャのユーロ離脱はどうなるかわかりませんが、
今のところ相場へのインパクトは限定的です。

 

ユーロドル相場も長い間レンジを踏んでいますね。

 

早くある程度の結論が出て欲しいものです。

 

ただ、どちらに転ぶにせよ、
ギリシャが進む道は険しくなりそうですね。

 

さて今日は、久しぶりにオススメの本を紹介したいと思います。
 
 
 
 
 
この本は行動経済学の本ですが、
相場で利益を出せない人にも役に立つと思います。

 

如何に人間が反射的に行動をしているのか、
如何に人間が本能に支配されているのかということが分ると思います。

 

人間の感覚ってとてもいいかげんで、
良く考えて行動しないと、相場でもかなり損をします。

 

クイズ形式になっているので、面白いと思いますよ。

 

興味があったら読んでみてくださいね。

 

この記事が役立ったらシェアしてね!

FXを学べるオンラインサイト、
DealingFXアカデミーを公開しました。

動画時間6時間以上の超大作です。

是非あなたのトレードに役立てください。

今すぐ手に入れてすぐにレベルアップしてください。

ここでしか話さない秘密の話もあり。

詳しくはアカデミーで。

cta

ABOUT US
Tatsuya Tsukada
山梨県の甲府市で生まれました。トレードスクールの運営を行い、3000名を越える受講生がいます。メルマガの読者は1万5000人を越え、現在はトレードをする傍ら、複数の会社を経営しています。