典型的な負け組のパターンまとめ

トレードでは気を付けなればいけないポイント、陥りがちな罠というものは本当に多いものですね。

トレードの罠

私が考える、思いつく限りの典型的負け組パターンを挙げてみました。(メンタル的なものは除いてあります)

それではどうぞ!

◆ 1ヶ月以上同じトレード手法でトレードしたことがない。

◆ サインツールに愚直に従ってトレードをしている。

◆ 何のトレードの指針も無しにトレードしている。

◆ 1トレードに賭けるリスクの割合が5%を超えている、またはリスク自体がなんなのかがわからない。

◆ 自身の器量を越えたポジションサイズでトレードしている。

◆ 1日のトレード回数が異常に多い。

◆ トレード中に計画性もなくポジションを追加している。

◆ アナリストやブログなどの他人から得た情報を元に売買している。

◆ 付け焼刃のシステムトレードを実践している。

◆ 常に一つの時間足だけ見てトレードしている。

◆ どこまで資金が減ったらトレードを停止するかを決めていない。

◆ トレードの管理をしていない、またはトレードの管理の仕方がわからない。

◆ トレードの目標が無い、または目標設定が曖昧。

◆ トレンドに逆らったトレードばかりをしている。

◆ 損切りができない、または最初に決めた損切りを広がる方に変更してしまう。

◆ リスクとリワードを意識した利食いができない、またはリスクとリワードについて理解していない。

皆さんはどうだったでしょうか?

>>>無料メール講座の登録はこちらをクリック

この記事が役立ったらシェアしてね!

FXを学べるオンラインサイト、
DealingFXアカデミーを公開しました。

動画時間6時間以上の超大作です。

是非あなたのトレードに役立てください。

今すぐ手に入れてすぐにレベルアップしてください。

ここでしか話さない秘密の話もあり。

詳しくはアカデミーで。

cta

8件のコメント

つっちんさん
こんにちわ。
典型的な負けパターンの例とても良くわかります。
ツイッターのFX関連のつぶやきなんかをTL上で見てみると、博打トレードのオンパレードですよ^^;
一見、根拠らしき説明のもとにエントリーしてるようでも、たぶんちょろっとしか検証やってないんでしょうね。
つまり、根拠だと思ってるものが根拠でもなんでもないただの思いつきの範疇だということですw
ピボット云々、フィボナッチ云々、移動平均のどこで反発したとか、一目均衡表の雲がどうとか、いろいろ言ってる人もいるみたいだけど、じゃあ、その手法を検証して何百、何千トレードした場合、どんな結果になるのか?
自分のトレード手法に対する『検証結果と言えるだけのデータ』を持ってる人なんて、ほとんどいないと思います。
優位性があるとか、確率で売買するとか、簡単に言ってる人ほど、目指しているものとはかけ離れた売買をしてるように思えます。
思い込みだらけのブレブレの手法でどうやって、稼ぎ続けようと思えるのか小一時間問い詰めたいですよw
と、いきなり辛口コメントですみません^^;

こんにちは。
確かに「なにやってんだろw」と感じるところは多々ありますよね。
とはいえ、そういった「養分」のおかげで相場が成り立っている部分もありますので、なんとも言えないところです。
反面教師として、「自分はあきらかに違うレベルのトレードをしている」と、自信に繋げられたらいいですね(^_^)

つっちんさんはじめまして!いつもブログ参考にさせてもらっています。ありがとうございます。メンタル面で質問があります。私はFX歴4年なのですが、いまだにエントリータイミングが早すぎるというか、焦ってしまうというか、もう少し待てば良かった・・と思うのが常なのです。つっちんさんは初めから「待つ」ことができたのでしょうか。

利食いは難しいですよね
良い位置でエントリー出来てホールドしてると、逆行して損切り。。。なんてパターンは多いですね
適切なリスクとリワード比って、どれくらいだと思います?

しんさん、
はじめまして。
こちらこそ、いつも応援ありがとうございます。
「もう少し待てばよかった」につきましては、明日の記事にしてみようと思います。
参考になれば幸いです。

名無しさん。
リスクリワード比は、私の場合は1以上というのが分かりやすくて良いと思っていますが、リスクリワード比は勝率との兼ね合いですので、勝率が高ければ1以下でも勝てないことはないですね。
リスクとリワードと勝率との健全性につきましては、以前記事にしました、バルサラの破産確率の表を参考にして下さい。
勝率に応じた適切なリスクリワード比がお分かりになると思います。

方向は合ってるって事だよね。
それ正解。
あぁ、いかん。
ついつい横からチャチャ入れてしまう…。
本当にすまぬ。また邪魔したよ。

ABOUT US
Tatsuya Tsukada
山梨県の甲府市で生まれました。トレードスクールの運営を行い、3000名を越える受講生がいます。メルマガの読者は1万5000人を越え、現在はトレードをする傍ら、複数の会社を経営しています。