FX勝てない助けてと思っているあなたへ。諦めるのはまだ早い。

こんにちは、塚田です。今回は、FXで結果が出せず、苦しんでいる方にお送りする内容です。

FXで勝てない助けて!

FXで負けが続き、結果が出ない状態が続けば、思わず「助けて!」と叫びたくなることもあるでしょう。

僕自身も、過去に「どん底」を何回も経験しているので、その気持ちは、痛いほど良く分かります。

「何をやっても駄目なんじゃないか……」「FXで利益を上げるなんて不可能では無いか?」そう思ったことも何度もありました。

しかし諦めるのはまだ早い!

あなたが、FXで勝てなくても、絶望する必要はありません。なぜなら、基本的にFXは勝てない仕組みになっているからです。

FXは普通にやっていたら勝てないゲームなのは何故?

なぜなら、マーケットはゼロサムゲームであり、資金を奪い合う構造になっているので、何の戦略も持たずに売買すれば、実力の無いプレイヤーは必ず負けるようになっているからです。

ゼロサムゲームとは参加者の利益と損失の合計がゼロになるゲームのことです。

プロのプレイヤーは、市場参加者の心理が大きく偏ったポイントを探し、仕掛けを行い、利益を上げています。

私達が、利益を上げるためには、そういった、猛者が集うフィールドでマネーゲームをしていることをまず頭にたたき込まなければなりません。無慈悲なフィールドであり、誰も助けてはくれません、信じられるのは、己の実力のみです。

なぜFXで勝てないかは、こちらの記事で詳しく解説していますので、確認してみてください。

「FXで勝てない仕組み」を徹底解説!勝ち組を目指すなら必見。

諦めるのはまだ早い

何年取り組んでも結果が出なければ、諦めたくなるのはよく分かります。

ほとんどの参加者は、まともな戦略や戦術を持たずに売買しており、カモにされているからです。

しかし、言い換えれば、しっかりとした知識と技術を身につければ、成績が好転する可能性は十分にあります。

以下に、勝てない原因である落とし穴を列挙していますので、当てはまっていないか確認しながら考えてみてください。

極端なチャート重視の戦略になっていないか?

 

チャート分析は、マーケットのセンチメンタルを読み解き、トレードチャンスを発見する為に有効な分析方法です。

チャート分析とは、ローソク足による価格分析をしたり、チャートパターンを分析したり、ラインを引いて分析するなどの方法を指します。

しかし、チャート分析もトレードで利益を上げる要因の一つでしかなく、他の要因を理解していなければ、勝率は極端に下がってしまいます。

チャートだけにフォーカスするのではなく、基礎的なファンダメンタルズ分析や、有効なデータを用い、分析することが重要です。

個人的には、いくつかの重要なデータをまとめ、トレードの基礎戦略として組み込んでいます。

トレードタイミングにフォーカスしすぎており、中々勝ちきれないことがある場合は、チャート分析に偏りすぎていないか注意しましょう。

「これだけで勝てる」という考えでは勝ちきることはできません。

勝つために、「必要なことは全てやってやろう」という強い意気込みで臨むことが大切になります。その為に、面倒で難解な分析などから逃げてはいけません。

チャート分析だけで利益を上げることも不可能ではありませんが、他の要因を無視しているので、よりマネーゲームの性質は高まり、勝ち続ける難易度は上がります。

優位性の無い売買を行っていないか?

次に、そもそもとして「利益が上がるような売買をしていないケース」が考えられます。

世の中の「FXの勝ち方」の9割以上が間違った情報であるので、誰かが行っている売買を真似した結果、表面的に「勝てそうな売買を、なんとなく真似している」場合があります。

「誰かが勝てると言っていたから、真似してやっている」というレベルでは絶対に勝てません。

自分の頭で考えて、自分自身で、自信を持って利益が上げられると感じるような戦略でなければ、続けていくことは難しく、長続きすることはないからです。

優位性については以下の記事を参考にしてください。

FXで優位性のある手法とは何か?勝ち組トレーダーの考え方。

資金管理の方法を疑ってみる

また、資金管理、ポジションコントロール(枚数の増減)の方法で、大きな間違いをしていないか疑ってみることも重要です。

負けが続くと、一番先に考えるのは「もっと良い売買方法が無いか?」「勝率の高い売買方法は無いか?」

多くの参加者は大概そのように考えます。しかし、勝てない原因は売買手法だけでは無く、資金管理が原因である場合も多々あるでしょう。トレードの世界では、普通の消費者感覚で売買を行うと、自然と損失の方が大きくなってしまうからです。

人間は損失を嫌う性質があるので、負けを取り戻そうと熱くなり、ポジションサイズが崩れ、一気に資金を失ってしまうこともよくあります。

リスクを増やしたり、減らしたりする、ポジションコントロールが適切に出来ているか疑ってみてください。

一般的にFXは危険というイメージがありますが、実際はレバレッジのコントロールをしていれば、破産の危険性など全く無く運用していくこともできます。

一度絶望して諦めてからが本番

上手くいかないと、「助けて!」と叫びたくなる気持ちもよく分かりますが、誰でも必ず絶望することがあるのがトレードの登竜門でもあります。

駄目だと思っても、諦めるのはまだ早いです。むしろ「一度絶望して諦めてからが本番」と言えるでしょう。

上達するには、資金を失っても立ち上がる勇気と忍耐が必要。諦らめずマーケットに残り、学び続けた参加者だけが、マーケットからの甘い利益を享受できるのです。

自信のトレードの何が悪かったのかを日々考えながら成長していけば、一歩一歩技術は向上していくことになるでしょう。

この記事が役立ったらシェアしてね!

FXを学べるオンラインサイト、
DealingFXアカデミーを公開しました。

動画時間6時間以上の超大作です。

是非あなたのトレードに役立てください。

今すぐ手に入れてすぐにレベルアップしてください。

ここでしか話さない秘密の話もあり。

詳しくはアカデミーで。

cta

ABOUT US
Tatsuya Tsukada
1988年、山梨県生まれ。株式会社JOE代表取締役。 僕は資産運用のプロです。メルマガの読者は1万5000人を越え、現在はトレードをする傍ら、複数の会社を経営しています。 2012年よりブログを開始。トレードスクールの運営を行い3000名を越える受講生がいます。また24fitnessサイボディの創業者として経営に携わっています。

月~金の7:30からラジオを放送中!